失業保険受給中に妊娠したら給付は受けられなくなる?ハローワークに聞いてみた

プレママ

退職して失業給付を受けながら求職活動をしていたものの、その途中で妊娠が判明した場合、給付は受けられなくなってしまうのでしょうか。

どのような選択肢があるのか、ハローワークに聞いてみました。

受給を延期する

失業保険の受給期間は、特定の理由に該当するとき延長することができます

具体的には、病気・けが、妊娠、出産、育児(3歳未満)、近しい親族の看護、事業主の命令による配偶者の海外勤務同行、などで職業に就くことができない状態が30日以上続く場合です。

30日目の翌日から1ヶ月以内にハローワークに申請します。
延長は最大で3年まで可能です。

たとえば受給期間があと3ヶ月残っていたら、3年間は受給無しで、3年後~3年3ヶ月後に給付を受ける…というふうに延期できます。
(※最大延長可能期間は所定給付日数により異なります)

また、延期の途中で働ける状態になったら、その時点で延期を解除して給付を再開することもできます。

受給を続ける

失業保険受給中に妊娠した場合でも、働きたいという意思があり働くことができる状態であれば受給を続けることができます。

(例)Aさんは退職時には妊娠しておらず、失業給付を受けながら求職活動をしていたのですが、その途中で妊娠3ヶ月と判明しました。しかし、Aさんは妊娠中であっても就職したいという意思があり、体調も問題なく就職が決まればすぐに働ける状態でした。

このケースではAさんは失業保険の受給要件から外れていませんので、引き続き就職が決まるまで失業給付を受けることができます。

最寄のハローワークに問い合わせてみたところ以上のような回答を得ました。

妊婦さんを採用する会社は多くないかもしれませんが、働く必要がある場合もありますよね。
在宅ワーク体にあまり負担のない仕事等を中心に探してみると良いでしょう。

ハローワークによって基準が異なる可能性もありますので、不安に思っている方もまずは管轄のハローワークに相談してみてください。

Sponsored Link

ちなみに、出産予定日よりも6週間前(双子など多胎妊娠の場合は14週間前)以降の妊婦さんは産前休暇期間に該当します。

産前休暇は義務ではありませんので働くことは可能産後休暇は義務)であり、失業給付条件の「働くことができる状態」を否定するものではありません。

しかし、たとえ就職できてもすぐに産後休暇期間に入って働けなくなってしまいますし、失業給付は延長するほうがオススメです。

まとめ

給付を受けながら求職活動を続けてみて、もし体調が悪くなったら途中から延長に切り替えることもできます。
まずは体を大事になさってどのようにするか考えてみてくださいね。

わからないことがあったらハローワークに聞いてみると、丁寧に教えてもらえるかと思います^^

タイトルとURLをコピーしました