【比較】タイムズカープラス、カレコ、オリックスカーシェアはどれがオススメ?

今回は、3大大手カーシェアリング各社のサービス内容を調査してまとめました。

料金、車種、予約制度、利用方法などからメリットとデメリットを比較し、どんな人にどの会社が向いているか検討しています。

スポンサーリンク
カレコ・カーシェアリングクラブ
スポンサーリンク
カレコ・カーシェアリングクラブ

タイムズカープラス

特徴

現在、業界最大手の会社ですね。

一番の特長は圧倒的なステーション数です。
全ての都道府県にステーションがあるので、出張先や帰省の際の利用にも便利でね。

欠点は、利用者数が多いので人気のステーションでは予約が取りにくい可能性があります。

また、タイムズカープラス会員になるとタイムズレンタカーの基本料金が最大25%オフになります。 レンタカーもよく使うという方に良いですね。

料金

入会金はなく、初期費用はカード発行料1,550円(1人/1枚)のみです。

月額基本料金は1,030円ですが、これは利用料に充当できるのでその月に1,030円分以上利用すれば基本料金は実質0円となります。

<利用料金>
ショート(ベーシック車種):206円/15分
ショート(プレミアム車種):412円/15分
6時間パック:4,020円
12時間パック:6,690円+16円/走行km
24時間パック:8,230円+16円/走行km
(ほかナイトパックなどあり)

他社よりも少し高めの価格になっています。

ショート利用ではベーシック車種とプレミアム車種の価格が異なりますが、パックを利用すればどちらも同じ価格で使えるのがGood◎

車種

ベーシックの場合は国産車のみですが、プレミアムでは国産車のほかにMINIAudiがあります。

ちなみに、カレコではベーシックに分類されているCX-5(MAZDA)やVOXY(TOYOTA)が、タイムズではプレミアムに分類されています。

高級車は少なめの印象です。

予約方法

利用日の2週間前からインターネットで予約できます。
直前でも空いていれば予約可能です。

最大予約可能時間は、ショートの場合は72時間、パックの場合はパック利用時間+6時間までです。

変更やキャンセル1分前まで無料で可能です。

利用方法

予約時間になったらステーションに行って会員カードをかざし、利用開始です。

ショート利用の場合、予約開始時間~利用終了時間の料金がかかります。

パック料金の場合、予約開始時間~予約終了時間の料金がかかり、返却予定時間前に返却しても料金は変わりません。

渋滞などで返却が間に合わないときは、次の予約が入っていなければ、30分・60分単位での延長がカーナビより可能です。

ジュニアシートは全車に予め搭載されていますが、チャイルドシートについては搭載がないため自分で用意する必要があります。

こんな人におすすめ

  • 全国色々な場所で利用したい人
  • タイムズレンタカーも使う人

カレコ・カーシェアリングクラブ

特徴

カレコは首都圏の都心エリアを中心に展開しています。

人口密集地などにお住まいの場合、周りにたくさんのステーションが見つかるかもしれません。

欠点として、都心エリア以外ではステーションが無いことが多いため、旅行先や出張の際には使う機会がタイムズよりも減ってしまいます。

料金

初期費用は0円です。

月額基本料金は980円ですが、これは利用料に充当できるのでその月に980円分以上利用すれば基本料金は実質0円となります。

<ベーシッククラスの場合>
・10分単位料金:140円/10分
・6時間パック:4,080円
・12時間パック:5,700円
・24時間パック:7,300円
・夜間パック:2,700円
※6時間を超える利用の場合、別途16円/走行km

利用したい時間を選択すれば料金を計算して自動的に最安料金を適用してくれるので、予約時にどのパックにしようか等悩む必要がないところが便利です。

平日の利用が多い人向けのお得な平日プランもあります(コンパクトクラスであればなんと80円/10分! 平日プランは2020年3月31日(火)をもって新規受け付けを終了

車種

ベーシッククラスではフィット(HONDA)やノート(NISSAN)、ミドルクラスではハリアー(TOYOTA)やCX-5(MATSUDA)などの人気国産車に乗ることができます。

そして、プレミアムクラスプレミアムプラスでは、ベンツボルボジャガーなどの高級車(外車多め)に乗ることができます。

高級車がたくさんあるのでちょっと試しに乗って楽しめるのが好き。

予約方法

利用日の2ヶ月前からインターネットまたはアプリで予約できます。
直前でも空いていれば予約可能です。

最短30分から最長72時間まで、10分単位で利用できます。

変更やキャンセル直前まで無料で可能です。

利用方法

専用の利用カードはなく、スマホマイページorアプリの「利用開始」ボタンを押すか、Suicaなどの予め登録した自分の交通系カードをかざして開錠します。

6時間以内の予約の場合、予約開始時間~利用終了時間の料金がかかります。

6時間より長い予約の場合、予約開始時間~予約終了時間の料金がかかり、返却予定時間前に返却しても料金は変わりません。

返却が間に合わないときは、続いて別の予約が入っていない場合は10分単位でスマホやカーナビから延長が可能です。

ジュニアシートは全車に予め搭載されています。
チャイルドシートについては設置されている車もありますが台数は多くありません。必要な場合は、一部の三井のリハウス店舗にて貸出もあります。

こんな人におすすめ

  • 首都圏を中心に利用したい人
  • 安く利用したい人
  • 車が好きで高級車含む色々な車に乗ってみたい人

カレコ・カーシェアリングクラブ

スポンサーリンク
カレコ・カーシェアリングクラブ
スポンサーリンク
カレコ・カーシェアリングクラブ

オリックスカーシェア

特徴

関東~関西エリアを中心に展開しています。

会員になると、オリックスレンタカーの基本料金が最大15~20%オフになります。
オリックスレンタカーもよく使うという方に良いですね。

料金

初期費用として、ICカード発行手数料1,000円(/1枚)がかかります。

月額基本料金は980円ですが、これは利用料に充当できるのでその月に980円分以上利用すれば基本料金は実質0円となります。

利用料金体系は他社よりも複雑です。

<個人Aプラン・一般会員の料金~スタンダードクラスの場合>
通常料金:200円/15分+15円/走行km
6時間パック:3,500円+15円/走行km
12時間パック:4,500円+15円/走行km
24時間パック:6,000円+15円/走行km
(ほか夜間パックなどあり)

最も安い料金が自動適用されます(ただし夜間パックを除く)

時間料金は安いですが、通常料金や全てのパックで距離料金が加算されます。
長距離移動をよくする人にはあまり向いていないかな。

長時間の利用に強く、12時間以上の利用の場合は三社中で最安となります。

また、使わない月は基本料金0円となる個人Bプランや、たくさん利用する人向けの割引料金もあります。

詳しい料金についてはこちらをご参照ください。

車種

スタンダードクラスは、アクア(TOYOTA)などのコンパクトカー、プリウス(TOYOTA)などの普通車があります。

デラックスクラスはステップワゴン(HONDA)などで外車はありません。

ほか、EVクラスとしてリーフ(NISSAN)もあります。

車種は少なめです。

予約方法

利用日の2週間前からインターネットまたはアプリで予約できます。
直前でも空いていれば利用可能です。

最短15分から最長4日間まで、15分単位で利用できます。

乗車時間の1時間前からの取消は予約取消手数料(予約していた時間料金の50%)が発生します。

利用方法

予約時間になったらステーションに行って会員カードをかざし、利用開始です。

もし返車時間より早く返却しても予約分の時間料金がかかります。

返却が間に合わないときは、続いて別の予約が入っていない場合は単位でスマホやカーナビから延長が可能です。

ジュニアシートは全車に予め搭載されています。 チャイルドシートについては搭載がないため自分で用意する必要があります。

こんな人におすすめ

  • 安く利用したい人(長時間メインならさらにおすすめ)
  • たくさん利用する人
  • オリックスレンタカーも使う人

まとめ

カーシェアは維持費がかからないので、頻繁に車に乗らない方は非常にお得になりおすすめです。

3社ともガソリン代や保険料が利用料金に含まれているので安心ですね。

どの会社を選ぶかのポイントは、やはり自宅などよく使う場所の近くにステーションがあることが大事だと思います。

各ステーションの空き状況については入会してみないとわからないので、利用したいステーションがあったらまずは試しに入会してみると良いでしょう。

スポンサーリンク
カレコ・カーシェアリングクラブ
スポンサーリンク
カレコ・カーシェアリングクラブ
タイトルとURLをコピーしました