【月齢別】生後3ヶ月の赤ちゃんの発達と育児グッズ・おすすめのおもちゃ

育児グッズ

新生児の頃から比べると身体的にも精神的にもかなりの成長がみられてきます。

生後2ヶ月の記事に続き、私が実際に使ってよかった育児グッズやおもちゃをご紹介いたします。

スポンサーリンク

生後3ヶ月の赤ちゃんは何ができるの?

首がすわる

首の筋肉がしっかりしてきて、うつ伏せにしても頭を上げていられる赤ちゃんが増えてきます。
縦抱きにするとまだ多少グラつくものの、以前よりもかなりしっかりしてきたと感じるのではないでしょうか。

一般的に、首が完全にすわるのは生後4ヶ月頃が多いとされています。

物に手を伸ばす

ガラガラなど小さくて軽いものを手に近づけてあげると、握ることができるようになります。
握ったものを口にいれて感触を確かめています。

成長するにつれて、目の前にあるものに手を伸ばして自分から掴みにいくようになります。
はじめは大人がおもちゃを持って、赤ちゃんが掴みやすい位置でゆっくり振ったり動かしたりしてあげてください。

声を出して笑う

あやすとキャッキャッと声を出して笑う赤ちゃんもいます。
最初は「あは」「ふふ」など小さな笑い声から始まるかもしれません。

こちょこちょと体をくすぐってみると赤ちゃんの笑顔を引きだしやすいです。

授乳リズムが定まる

少しずつ授乳のタイミングが定まってきて、ママも一日の予定がたてやすくなります。

その場で動く

まだハイハイなどで移動はできないものの、その場で回転したり体を反らせたりして色々な体の動きができるようになってきます。

おすすめの育児グッズやおもちゃ

生後3ヶ月の赤ちゃんにおすすめの育児グッズやおもちゃをご紹介します。

オーボール🆕

O’ball(オーボール)とは、ポリウレタン製の大人気ベビー用ボールです。

街中でも、ベビーカーやママバッグにつるしている人をよく見かけますよね。

赤ちゃんの小さい手でも握りやすい柔らかくて細い網目で、接着剤も使用されていないので安心です。
握ったり舐めたりすることが大好きな生後3ヶ月の赤ちゃんにおすすめです。

「ベーシック」のほかに、ビーズ入りで音がなる「ラトル」や、キラキラのラメがかわいい「ジェリー」があります。

私はラトルを購入しました。

掴み心地がいいのかよくニギニギしています。
外出の時にもベビーカーのバーにつるして持ち歩いています。

ベビーカーやバウンサーに取り付けるときは「オーリンク」というアイテムがおすすめです。
我が子はオーリンクもよくペロペロしています(笑)

スイマーバ🆕

Swimava(スイマーバ)とは、0歳から始められるプレスイミング用うきわです。

お風呂や幼児用プールで赤ちゃんの首に装着して使います。

ぷかぷかと浮かぶ赤ちゃんの姿は本当にかわいいですよ!
Instagram(インスタグラム)などのSNSでも、スイマーバで遊んでいる赤ちゃんの投稿をよく見かけます。

生後3ヶ月より前から使用できますが、首がグラグラだと装着が少し大変でしたのでこの月齢にてオススメさせていただきます。

大人一人が赤ちゃんを抱っこし、もう一人がスイマーバを赤ちゃんに装着します。
赤ちゃんが一人で座れるようになる生後6ヶ月頃からは、大人一人でも装着することができます。

歯がため🆕

なんでもペロペロ・カミカミしたがる赤ちゃんにおすすめです。

バナナの形のものがカワイイと人気ですね。

私は先が尖っているものはなんとなく苦手で、ピジョンの歯がためを購入しました。

薄くてやわらかい素材なので、布を舐めるのが大好きな我が子はこちらをとても気に入っていました。
煮沸消毒・電子レンジ消毒は不可ですのでご注意ください。
薬液消毒や水洗いは可能です。

絵本🆕

今月はフィッシャープライスの布絵本をご紹介します。

カラフルで色々な仕掛けがあって、赤ちゃんの興味を惹きます。
この月齢の赤ちゃんはなんでも舐めてしまいがちなので、洗濯機で洗えるのが助かります。

ベビージム

生後2ヶ月にひきつづきおすすめです。

生後2ヶ月の頃よりも、握ったり掴んだりが上手になっている赤ちゃん。
さらに上手に遊べるようになっています。


できることが増えてきて、遊びも楽しくなってくる頃。
お子様の好みにあわせておもちゃを選んであげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました