【クチコミ】ピジョンのベビーカーPATTAN(パタン)を半年間使用!超詳しいレビュー

ベビーカー

簡単に折り畳めて持ち運びも楽ちんなpigeon(ピジョン)社のA型ベビーカー「PATTAN(パタン)」を半年間レンタルして使ってみました。

この記事ではスペックの紹介、そして長所短所を含めレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

スペックと選んだ理由

・重量:4.7kg
・前輪直径:12.5cm
・後輪直径:14.0cm
・座面の高さ:53cm
・ハンドルの高さ:103cm
・リクライニング角度:115°~165°
・カゴ容量:20リットル
・幌の窓:あり
・幌のUVカット:99%
・片手で折り畳み:可能
・自立:可能
・シート洗濯:可能
・対面走行:不可

最大の特長は軽くて折りたたみしやすく便利な点。
なんなら担いで運べる。

色々なところに出かけるアクティブなママ向きですね。

ハイシート大きなカゴ幌に窓あり…と日本メーカーらしい嬉しい特長も。

幅40cmなので駅の改札もらくらく通り抜けられます。

私はグリーンドットのデザインが可愛かったのと、
平均以上の項目が多くて便利そうだったのでPATTANを選びました。

購入も考えましたが、ベビーカー初心者だったのと途中でB型ベビーカーへの乗り換えも検討していたのでレンタルにしてみました。

リクライニングと幌

こちら↓が背もたれを最も倒した状態(165度)
説明書によると、生後7ヶ月頃(腰すわり)まではこの角度が推奨されています。

ベビーカー「パタン」のリクライニング角度

↓腰すわり以降に可能な、背もたれを最も立てた状態(115度)

ベビーカー「パタン」の背もたれを起こした状態

リクライニングは2段階ではなく背もたれ裏のベルトで自由に調整可能です。
初めは背もたれを起こして使って、途中で赤ちゃんが寝てしまったらフルリクライニングに変更…なんてこともできます(赤ちゃんが起きてしまうかどうかは別として^^;)

ちなみに、脚を載せる部分はこの写真では水平にしていますが、
折った状態にすることも可能で三段階に調節できます。

幌(日よけ)を畳むとこんな感じ↓

ベビーカー「パタン」の日よけを畳むとこんな感じ

幌はA型ベビーカーの中ではあまり大きくないですね。
B型ベビーカーと比べるとかなり大きいです。

うちの子は暑がりなため、
あまりにも暑いときはコートやベビーカーブランケットを幌にかけてしのぎました。

ベビーカー「パタン」の幌がやや物足りないのでコートで防ぐ

幌は大きいに越したことは無いと思いますが、
PATTANは小さすぎるというほどではないので一応なんとかなりました。

幌にはペロンとめくるタイプのメッシュの窓があります。

ベビーカー「パタン」の幌にはメッシュ窓あり

使用前は窓のことをあまり重視していませんでしたが、
これがあるとすごく便利

前に回り込まなくても、赤ちゃん寝たかな~など簡単に様子を見ることができます。

Sponsored Link

カゴに荷物はどのくらい入る?

カゴは大きめ(20リットル)で使いやすかったです。

ベビーカー「パタン」のカゴは意外と大きくて使いやすい

前からも後ろからも物を入れられるのが便利。
ネットの深さが結構あるので見た目よりもたくさん入ります。

500mlペットボトル水筒おむつポーチ着替え畳めるタイプの抱っこひもベビーカーブランケットを常に入れていましたがそれでもなお余裕がありました。

ママバッグはハンドルにフックを付けて掛けていました。
三輪ベビーカーでこの方法をとるとすぐにウィリー(前輪が浮いてしまうこと)して危ないのですが、PATTANは四輪なので比較的安定します。

ベルト周りとフロントバー

シートベルトは5点式です。

ベビーカー「パタン」のシートベルトは5点式

 

肩ベルトを腰ベルトのフックに引っ掛けてから股のバックルのところに留めます。
片側ずつできるので暴れてもなんとかなります。

フロントバーは簡単に取り外し可能
赤ちゃんをベビーカーに乗せるのにバーが邪魔!というママは都度取り外しても。

ベビーカー「パタン」のフロントバーは取り外し可能

バーを取り外したら、付属品のキャップ↓をかぶせることもできます。
(私は面倒なので使わなかった^^;)

パタンのフロントバーキャップ

Sponsored Link

本当に折り畳みは片手でできるのか?

できます!しかも余裕!

折り畳みに関しては本当に超簡単

私は割と力がないほうですが(その後購入した三輪ベビーカーを持ち上げられないレベル)、PATTANは折り畳みも持ち運びも一人でできました。

まずハンドルの下部ロックを手のひらで握って、親指で上部ロックをひきます。

ベビーカー「パタン」の畳み方1

そしてパタンとハンドルを前に倒して

ベビーカー「パタン」の畳み方2

もう一度パタンと後ろに倒すだけ!

ベビーカー「パタン」の畳み方3

ここまでハンドルを握ったまま一連の流れで簡単にできます。
赤ちゃんを抱っこしたまま片手で畳むことも可能。

きちんと固定したいときは両サイドのロックをかけておきます。
もちろん自立します。

ベビーカー「パタン」のサイドロックで自立

カゴに荷物をたくさん入れているとサイドロックがかからないので要注意。
これに関してはどのベビーカーも同じかとは思いますが…

また、パタンは折り畳んだときの高さが79cmと低めです。
車の荷室に縦に置けました!

ベビーカーを横にして置くと他に何も積めなくなってしまうので、
縦に置けるのは地味に嬉しいですね。

タイトルとURLをコピーしました