【クチコミ】フリージング離乳食のおすすめレシピ本4選。実際に使ってわかった長所と短所

離乳食

離乳食時短調理の便利な手法、フリージング

特に離乳食は量が少ないので食材の小分け冷凍が非常に役立ちますよね。

そこで今回は、私が実際に使ったレシピ本を4冊レビューします。
同じフリージング離乳食の本でもそれぞれ個性がありました。

スポンサーリンク

『1週間分まとめて作るフリージング&時短離乳食』

カラフルで可愛い料理が多いです。
うちの子は好き嫌いが多いのですが、この本のレシピは比較的食べることが多いです。

また、離乳食の本は1日1食分のレシピしか載っていないものも多くあるのですが、 この本は2回食・3回食に対応しているところが素晴らしい。
(※離乳食は初期は1日1回のみですが、1日2回、1日3回と月齢に応じて増えていきます)

朝食・昼食・夕食のバランスなんかを考えるのが苦手な人には特に良いですね。

短所というか、想定外だったのは、この本は「1週間分のフリージング離乳食」が載っているわけではないという点です。

たしかに月~金曜日はフリージング離乳食のレシピが載っていますが、 土曜日・日曜日はフリージングではない離乳食のレシピとなっているのです。

私は月~日曜日の全てでフリージング離乳食を作りたかったのでそこは残念でした。
土日は時間があるからむしろ手作りしたいな、なんて方には逆に長所となりますね。

また、各時期で1週間分しかレシピがないのでこの本だけで離乳食完了まで乗り切るのは厳しいかな。 離乳食レシピのアプリやクックパッド等と併用するといいかも。

Sponsored Link

『フリージングで作りおき離乳食』

2回食・3回食対応◎ レシピの種類◎ と、何も考えず本の通り作ればOKなところがとても良いです。

しかし、こちらは「フリージングしない食材」が多いのが少し厄介です。

たとえば、おかゆとにんじんは小分け冷凍しておいたものを使うけれど、バナナは冷凍せずに10g使うよ、みたいなレシピが結構あります。

これを読んで

私
 

バナナ10gってどこからもってくんねーん!

スーパーあんまり行かないし買い溜め派なのに!

という人には向いていません。

『いちばんやさしいきほんの離乳食フリーング』

この本は離乳食1日目から使えるところが良いですね。

他の本はある程度離乳食が進んでから(たとえば10倍がゆ・裏ごし野菜・白身魚が食べられるようになってから…等)のレシピがメインでそれまでのレシピはざっくり…というものが多いのですが、
こちらは初日の「10倍がゆの裏ごし 大さじ1杯」の作り方から丁寧に載っています。

料理が苦手な人、
感覚ではなく教科書通りに進めたい人に特におすすめしたい本です。

ただし、2回食・3回食には対応しておらず、1日につき1食分のレシピしか載っていません。

2回食以降は自分でレシピを組み合わせて1日のバランスを考える必要があります。
そして3回食になるとレシピが足りなくなります。

また、この本も冷凍しない食材が多く登場します。

しかもトマトやらカブやら…冷凍できるんじゃ?って思ってしまう食材が「フリージングしない食材」として度々出てくるところが個人的には残念。

Sponsored Link

『はじめてのフリージング離乳食』

こちらも初期の初期、「おもゆ 大さじ1杯」から載っているので離乳食スタート初日から使えます。

料理の苦手な人や、几帳面な人におすすめです。

フリージングしない食材は時々登場しますが、
他の本に比べて頻度は少ない上に「これは確かに冷凍しないよな…」というもの&賞味期限が長いストック食材が多いので納得感があります。

なるべく小分け冷凍で済ませたい人に特におすすめです。

レシピはシンプルでバランスのとれたものが多い印象ですね。
洋食より和食が多いかな?

ゴックン期(5~6ヶ月)4週間分、モグモグ期(7~8ヶ月)4週間分、カミカミ期(9~11ヶ月)3週間分、パクパク期(1歳~1歳6ヶ月)3週間分…と、毎週同じ献立にならないように進められるのが◎

ただし、こちらも2回食・3回食には対応していません。
2回食以降は自分でレシピを組み合わせたり、離乳食アプリやクックパッド等と併用していくことになります。

タイトルとURLをコピーしました