初産の出産体験談を書いてみた。促進剤点滴の自然分娩が痛すぎて発狂した話

プレママ

出産から暫く経ちました。

産後あんなに「痛すぎる!もう二度と産まない!」と心に誓ったのにすでに痛みを忘れかけ、我が子の可愛さに毎日ノックアウトされ、「第二子もアリか…無痛分娩なら」等と心が揺れ始めています(笑)

そんな私の出産記録を今更ですが書き残しておきたいと思います。

陣痛が始まるまで

それは予定日前日の妊娠39週6日でした。

陣痛を待ち望んでいた私は朝からオロナミンCを飲み、「今日もどうせ陣痛こないんだろうな~」なんてのんびり過ごしていました。

夕方少しお腹が痛かったものの、これまでさんざん味わってきた「陣痛か?!」→前駆陣痛でしたーの流れでセルフオオカミ少年化していたので何もせず。

が出るのかしら~」なんて適当に構えていました。

うちの夫は仕事が忙しく普段は深夜に帰宅するのですが、この日は珍しく早くて19時帰宅。

二人で映画でも見ようか~なんてことになってAmazonプライムビデオ鑑賞。
たしか「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を見た気がします。165分の大作映画です。

陣痛がきた!

映画はまだ序盤の20時頃。

あれ?やっぱりちょっとお腹痛いかも?陣痛か?いやそんなわけない。
オオカミ少年歴2週間の私はだまされないぞ。

いやでも念のため、何分間隔か気にしとこう。念のためね…
あれ、これ20分間隔だな。陣痛だな!

でも痛みレベル0.1ぐらい。
かすかな「きゅー」が数秒あるのみで全然痛くない。

そこからはもう興奮状態で夫と「陣痛キタ!」と盛り上がる。

やっと赤ちゃんに会える~たのしみ♪とりあえず映画最後まで見よっと♪

今ならわかる。私、寝ておけ!!!

ここで寝ておけば、寝ているうちに陣痛進む&寝ていてリラックス状態だから子宮口も早く開く。これがお産の重要ポイントだったのです…

そうこうしている間に映画を観終わって、お風呂ものんびり入って、0時ごろ。
あ、予定日になった、とか思いつつ…

陣痛は15分間隔
痛みは数十秒間の「きゅ~」で軽い生理痛ぐらい。

産院からは「15分間隔になったら電話して」と言われていたので、一応電話してみる。

助産師さん「15分間隔ですね~痛みはどんな感じですか?」
私「全然余裕です」
助産師さん「おうち近いんですよね~?もっと痛くなったら電話してください
-終☆了-

門前払い。病院まだ行かなくていいなら寝とくか。

しかし当時の私は興奮してアドレナリン大放出、全く眠くない。

15分ごとにくる陣痛を感じつつ(耐えつつってレベルですらない)、ベッドでごろごろしてみる。
友達からLINEが来て、「陣痛きた」とか返信する余裕すらある。

陣痛間隔アプリで記録する。
今思えば陣痛間隔アプリなんていらない気がします。
あれがあると「記録しなきゃ~」って思って、睡眠やリラックスの妨げになったような…

とりあえず寝るべきだった。

病院へ

全然眠れないまま深夜3時

陣痛は10分間隔くらいで数十秒間の「きゅ~」という生理3日目くらいの痛み。
相変わらず余裕。

と思っていたら3時半頃、急に陣痛が6~7分間隔に。

再度病院へ連絡し「痛みはまだ大丈夫だけど6~7分間隔になった」と伝えると、助産師さんが「一応病院へ来てください」とのこと。

一応って?と思いつつ陣痛タクシーで病院へ。

タクシーに乗っていると痛みも増してきて生理2日目くらいの痛みになってきました。

「これはお産が近い?!」なんて思う私、今思えば甘すぎる

痛いのは数十秒間の「ぎゅ~」だけで、痛いとき以外は余裕で歩けました。

4時ごろ病院に到着し、内診してもらうと子宮口3~4センチ大とのこと。
あれ?39週2日の妊婦健診で3センチだったのに…全然進んでない!

タイトルとURLをコピーしました