【体験談】陣痛を促す方法を色々試してみた結果、本当に効果があったものとは?

プレママ

出産予定日が近くなったり過ぎてしまったりすると、赤ちゃんに会いたくて待ち遠しい気持ちになる妊婦さんもいらっしゃいますよね。

私も予定日近くになると運動、ツボ、体操、食事、飲み物…など色々と陣痛を促進する方法を試しました。

結局意味があったのか?ご紹介していきますね。

ウォーキング

最もメジャーかつ昔からある陣痛促進方法ですね。
妊娠37週をすぎると、「たくさん歩いてね~」という医師や助産師も多いです。

私も37週からは毎日3~5kmのウォーキングをしていました。
その成果か子宮口が開くのは早く、37週2日には全く開いていなかった子宮口が38週2日の時点で2~3センチ開きました。

ウォーキングをすると、お腹がキューっと張って子宮が収縮しているような感じがするんですよね。
私は「これは絶対に効果あり!」と出産前日まで続けていました。
(医師には「そんなに頑張らなくてもいいよ」と言われました^^;)

しかし38週2日に子宮口2~3センチとなってからはあまり開かず…
一週間後の39週3日では子宮口3センチでした。

子宮口3cmっていつ陣痛がきてもおかしくないとは思うのですが、
結局予定日前日まで陣痛は来ませんでした。

ウォーキングは子宮口をある程度開く効果はあるものの、
そこから先(陣痛)は促せないのかな~?と実体験から感じました。

もちろんウォーキングで子宮口を3センチ開いておけたのは意味があったと思います(と信じたい)

スクワット・階段昇降

これもよく言われる方法ですね。私もやっていました。

37週では「なるべく階段を使う」程度でしたが、
38週では「毎日10階分くらい階段昇降」を行い、
39週になると「毎日20階分くらい階段昇降」をしていました(やりすぎ)

暇さえあればスクワットをしていましたし。

どちらもウォーキングと同様にお腹が張る感じはするのですが、
これで陣痛がきたということはありませんでした。

よく妊婦さんがお産の時に病院で階段昇降をすることがあるようですが、
陣痛がきてから子宮口がじゅうぶん開かない妊婦さんに適しているのかもしれませんね。

運動はたくさんして子宮口は3センチ開いているのに陣痛がこない!という妊婦さんには…う~ん、私の場合は効果なかったです。

階段昇降は転んでしまうと危ないですし、行う場合は手すりのある場所で付き添いの方と一緒にやったほうがよさそうです。
特に妊婦さんは足元が見づらいかと思いますので気を付けてくださいね。

四つん這い・床の拭き掃除

四つん這いの体勢になると胎児の頭が子宮口を刺激して子宮頚管が短くなり出産が近づく…との話を聞いて、39週から雑巾がけを取り入れました。

言われてみればそうかも?というレベルでしたが、
骨盤を開く運動にもなりますしやって損はなかったかな。

ツボ

足の内くるぶしの上から指4本分上の位置にあるツボ「三陰交」は、陣痛を促すツボとして有名ですね。

インターネットで調べると「37週より前には押してはいけない…」なんて注意事項も見かけたりして、いかにも効果がありそうです。

また足の甲の親指と人差し指の付け根部分にある「太衝」も陣痛促進のツボとしてよく挙げられています。

私も38週から毎日「三陰交」と「太衝」を夫に押してもらっていました。

押すだけではなく温めると良いというのは後から知りました。
足湯とかしておけばよかったのかな~

Sponsored Link

おっぱいマッサージ

乳頭・乳輪部分のマッサージですね。

おっぱいマッサージをしておくと産後の母乳育児がスムーズになりやすいとか…
私も病院の指導に倣って押したりつまんだりはしていました。

マッサージによる刺激でオキシトシンというホルモンがでて陣痛が起きやすくなるという効果もあるそうです。

オキシトシンは陣痛促進剤としても医療現場で使われることのあるホルモンですから、
オキシトシンの産生を促すのは科学的にも意味がありそうです。

私の出産した病院ではおっぱいマッサージは37週以降に行うことが推奨されていました。
(早く始めすぎて早産になってしまうことを予防するため)

母乳育児希望の方は、産後のスムーズな授乳のためにもおっぱいマッサージをして、ついでに陣痛も促して一石二鳥。

おっぱいマッサージは乳頭を傷めないためにもオイルなどを使用すると良いです。

特に皮膚を保護して潤いを与えてくれるカレンデュラオイルがおすすめです。
会陰マッサージにも使えます◎

私は産後の会陰ケアや、赤ちゃんのおむつかぶれ対策にも使いました。

ラズベリーリーフティー

陣痛時の子宮の収縮をスムーズにするとされているハーブティーですね。

子宮の収縮という意味では陣痛を促すことに効果があるかも?と試してみる妊婦さんも多いようです。

また、「安産ハーブ」として有名なラズベリーリーフティーは、
ヨーロッパで行われた実験にてお産の時間を短くする効果が報告されています。

ヨーロッパでの過去の研究では、ラズベリーリーフティーを毎日飲んだ結果、分娩第2期(子宮口が完全に開いてから赤ちゃんが出てくるまでの時間)が9.6分も短くなったという臨床結果が報告されました。

研究では妊娠8か月に入ってから出産まで毎日、1日2回1.2gのラズベリーリーフティーを飲んでいたということです。

(出典:https://www.amoma.jp/column/maternity/birth-support/26322.html

私は「ついでに陣痛が軽くなったらラッキ~」程度の気持ちで飲んでいました。

実際、痛すぎたので軽くなった感じはしませんでしたが…(笑)

ノンカフェインでおいしいので、妊娠してから紅茶やコーヒーがあまり飲めなくて不満!という妊婦さんにもおすすめです。

焼肉を食べる

もはや迷信の一種ですね。
私も37週6日に行きました。もちろん陣痛はきませんでしたよ!

でも出産してからは赤ちゃん連れで焼肉なんてなかなか行けなくて、
今ものすごーく焼肉に行きたい気分なので妊娠中にラスト焼肉に行っておくのは正解だと思います(笑)

赤ちゃんって早寝早起きなんですよね…
うちの子は遅くとも18時には帰宅、19時に入浴、20時に授乳して就寝です。

夜の外食、子供を産んでから一度も行けていません。
妊娠中のうちにおいしいものをたくさん食べておいてくださいね。

Sponsored Link

オロナミンC

迷信その2。根拠なんてない!

しかし周りからの「まだなの?」プレッシャーで藁にもすがりたかった私は、39週6日の朝にオロナミンCを1本飲みました。

そしてその日の夜に陣痛がきました!

オロナミンCのおかげで陣痛がきたのか、
予定日前日に普通に陣痛がきたのかわかりませんが(笑)
とりあえずめでたく出産できました。

こうして書いてみると私も色々試したな~と思います(笑)
当時は必死でしたので…

私は「促進剤は怖い~嫌だ~早く陣痛来い!」なんて思っていましたが
お産の進みが悪くて結局促進剤を使う羽目になりましたし…^^;

でも産んでしまえば同じです。意外と(痛いけど)なんとかなります。

もうすぐご出産される予定のプレママの皆さま、赤ちゃんに会える日はもうすぐですね。
末筆ながら良いお産をお祈り申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました