【体験談&おすすめ商品】本当に必要なものがわかる超詳しい出産準備リスト~授乳篇

プレママ

洋服篇につづき、今回は授乳関係の出産準備品について書いていきます。

授乳関連グッズは後から「こっちを買っておけばよかった…」と後悔したものがとても多かったので、クチコミつきで体験談とオススメ商品をご紹介しますね。

(母乳育児)
授乳クッション…★★★
授乳用下着…★★
授乳服…★★
母乳パッド…★
乳頭保護クリーム…産後
乳頭保護器…産後
搾乳器…産後
母乳フリーザーパック…産後
 
(ミルク育児)
粉ミルク…★★★
哺乳瓶…★★★
哺乳瓶の乳首…★★★
哺乳瓶用洗剤…★
哺乳瓶除菌グッズ…★★★
調乳ポット…★
 
(凡例)★★★ 絶対必要/★★ 人により必要/★ あっても良い/産後 まだ用意しなくてよい
 

母乳関連

授乳クッション

授乳するときに赤ちゃんを乗せるクッションですね。赤ちゃんを膝の上に乗せただけでは赤ちゃんの口がおっぱいに届きません。 

そのため授乳クッションを使って高さを調整します。

母乳で育てたいという方は良いものを買ったほうがいいです!私は節約重視で安いものを買ったのですが高さが足りなくてとても授乳しにくかったです。
そのせいかわかりませんが、我が子はおっぱい嫌いになってしまいました。 

母乳育児をスムーズに始めた友人はMOGUなどのふかふかクッションを使っていたので、それにすればよかったなーと今更ながら思います。

授乳用下着

授乳しやすいように作られた下着です。
ゆったりサイズのものが多いので妊娠中から使うプレママも多いようですね。

しかし、赤ちゃんが思うように母乳を飲んでくれなかったり、ママの母乳があまり出なかったりして母乳育児を中断するママもいます。
その場合、たくさん買いすぎた授乳下着が余って無駄になってしまうことも…

産前にあまり多く揃えすぎず母乳育児が軌道に乗ってきたら買い足すのが正解です。

また、ユニクロのブラトップなどで代用するママも多いですよ。

授乳服

授乳しやすいよう、おっぱいが出しやすい構造になっている洋服です。

ワンピースタイプや、トップスタイプがあります。
マタニティ兼用のものも多いですね。

あったら便利なのですが、なくても授乳はできます
おうちでは前開きのパジャマなんかがあるといいですね。

最初のうちは外出することもあまりありませんし、外出用の授乳服は産後必要や季節に応じて購入するのが良いかと思います。
産後は洋服のサイズも変わりますしね。

母乳パッド

母乳がたくさん出るママは下着や服に母乳が滲みだしてくることもあります。
そのため母乳パッドを下着の中に装着して、母乳を吸収させます。

先述したとおり母乳育児が軌道に乗るかどうかはやってみないとわからないところもありますので、まずは大量購入などはせず様子見で必要に応じて買っていけばよいかと思います。

乳頭保護クリーム

特に母乳育児をはじめたばかりのころは、赤ちゃんの吸う力でママの乳頭が傷ついてしまうことがあります。
そんな時にママのおっぱいを守ってくれるクリームです。

塗った状態で授乳してもOKと聞き、私はランシノーを使っていました。

これも産前から用意しておく必要はなく、産後もし必要な状態になったら思い出していただければと思います。

乳頭保護器

ママの乳頭が傷ついたときにおっぱいに被せて使います。

私はメデラの保護器を購入しました。
透明で薄いのですが繰り返し使ってもしっかり形をとどめてくれました。

おっぱいを保護する目的以外にも、ママの乳頭が陥没していたり、赤ちゃんがうまくおっぱいを吸えなかったり…という場合にも使うことがあります。

陥没乳頭の方で母乳育児希望の方などは事前購入しておくと便利かもしれませんが、それ以外の場合は産前から用意する必要はないかと思います。

搾乳器

母乳育児をしていると、搾乳をする場面もでてきます。
たとえば以下のような場面です。

  • 赤ちゃんがおっぱいを上手く吸えない(搾乳して哺乳瓶で授乳)
  • 授乳間隔が空いておっぱいが張る
  • 搾乳して母乳を冷凍保存したい

手で搾ってもいいのですが搾乳器を使用したほうが痛みも少なく楽ちんです。

しかし搾乳器が必要ないママも多いので産後必要に応じて購入で良いかと思います。

ちなみに私はピジョンの電動搾乳器を使っていました。
電動はとにかくラクですが一ヶ月しか使わなかったので少しもったいなかったかな^^;

母乳フリーザーパック

搾乳した母乳を入れて冷凍保存するための袋です。

入院中の赤ちゃんに母乳を届けたり、完全母乳のママが外出している間パパに哺乳瓶で授乳してもらったり…というように使えます。

全く必要ないという方も多いので、必要になったら買うということで良いかと思います。

ミルク関連

粉ミルク

完全母乳予定だから粉ミルクの用意はいらない、なんてお考えのプレママの皆さま。
1缶くらいは用意しておいてもいいかと思います。

先述のとおり、母乳育児って思ったよりもスムーズに進まないこともあるのです。
完全母乳だけれど新生児の頃は母乳と粉ミルクの混合育児だったというママも多いです。

退院後すぐにミルクを買いに行くのは大変ですので、事前に少しでも用意しておくといいですよ。

母乳予定の方でしたら個包装のキューブタイプがお勧めです。

缶と違って、箱をあけたらなるべく早く使い切らないといけないということもありません。
キューブでも使用期限はありますが、缶は一度開けてしまうと全て空気に触れてしまい足が早いです。

もし余ってしまったらパパに授乳をお願いする時、外出中に授乳室がない時、離乳食の味付けに…と長いスパンで使い切ることができるかと思います。

ミルク予定の方は森永のエコらくパックがオススメです。

缶ではなく袋に入っているため、ゴミ捨てが非常にラクで私も愛用しています。

「E赤ちゃん」というアレルギー対策しっかりの粉ミルクと、「はぐくみ」という一般的な粉ミルクの二種類があります。

哺乳瓶

何本購入するかはお財布と相談となりますが、もちろん多いほうがラクです。
使うたびに洗浄&消毒しますので…まとめて行えると手間が軽減できますよね。

私は3本使用しています。

使用している哺乳瓶消毒器の一度に消毒可能な本数が3本だからです。
4本以上あっても2回にわけて消毒するのは面倒なので。

最初の頃は1日8回授乳していたので洗浄&消毒は1日3回でしたが、今は1日3回しかミルクを飲まなくなり洗浄も夜にまとめてやっています。

各メーカーの哺乳瓶は2サイズ展開されているものが多いですが、大は小を兼ねます。

例えば160mlと240mlがあったら迷わず240mlを購入してください。
私は160mlの哺乳瓶を購入してしまい、途中で240mlに買い替える羽目になってしまいました…。

大きい哺乳瓶だと少なめの目盛がないこともあるのでそこは要注意です。
最も有名なピジョンの母乳実感哺乳瓶は240mlのものでも20mlから調乳できるようになっていますので問題ありません。

ピジョンの母乳実感は母乳育児訓練用である「母乳相談室」シリーズの乳首とも互換性がありますので、母乳派の方にもおすすめです。

哺乳瓶の乳首

哺乳瓶には乳首がふつう付属していますが、定期的に交換する必要があります。

また、乳首は月齢ごとにサイズや形が異なりますので最初は新生児用を選びましょう。

先述した大きいサイズの哺乳瓶には大きいサイズの乳首が付属していることも多いので、大きいサイズの哺乳瓶を購入する場合は新生児用の乳首も同時に購入し、付属していた大きいサイズの乳首は少し月齢が進んでから使います。

哺乳瓶ごとに対応の乳首は異なりますので、哺乳瓶のブランドと同じ乳首を使ってくださいね。

哺乳瓶用洗剤

哺乳瓶を洗うための専用洗剤です。
赤ちゃんに優しい成分で作られているものが多く、野菜を洗う際にも使えたりします。
 
正直、要らないです。
哺乳瓶は普通の食器用洗剤で洗って大丈夫です。
 
どうしても心配!という人は購入しても良いのではないでしょうか。
 
かくいう私も子供が新生児の頃は念のため哺乳瓶用洗剤を使っていました。
 
しかし半年を過ぎたころ大人用の洗剤でも大丈夫だと気づき、今では食洗機に哺乳瓶を入れるまで図太くなりました。
 
何種類か試しましたがコンビの洗剤が泡立ちもよくお気に入りでした。

哺乳瓶除菌グッズ

最初のうちは哺乳瓶は使用するたびに消毒する必要があるのですが、いちいち鍋で煮沸するのは正直面倒くさいです。
そんなことをしている暇があるなら眠りたい…というママが多いのではないでしょうか。

煮沸以外の消毒方法は薬液消毒電子レンジ消毒があります。

薬液消毒はミルトンが有名ですね。専用容器に水と薬剤と洗浄した哺乳瓶をいれてつけおきします。

電子レンジ消毒は専用容器に水と洗浄した哺乳瓶をいれて電子レンジでチンするだけです。
薬剤を買う必要もありませんしすぐに消毒できるので個人的にはこちらがおすすめです。

私はピジョンの消毒器を使っていましたがこれが非常に優秀で、薬液消毒と電子レンジ消毒のどちらも可能なのです。

自宅では電子レンジ消毒、旅行先など電子レンジのない所では薬液消毒…と使い分けることができます。

一度に3本消毒できるのもありがたいです。
また、大きいので搾乳器のパーツを消毒するときにも便利でした。

一度に1本のみ消毒できるコンパクトなものも実は買っていたのですが、こちらは殆ど使わず無駄になってしまいました💦

調乳ポット

粉ミルク調乳に適した温度(70℃以上)に保温しておけるポットです。
水を入れて電子レンジでお湯を準備できるものもあります。

個人的には、調乳以外にも使える普通のポットでいいんじゃないかなぁ…と思います。

私なんて普通のポットも調乳ポットも持っていません。
ケトルで沸かしたお湯をサーモスの調乳用ボトルに入れています。
この方法だとキッチン以外でも調乳できるし、ボトルをそのまま外出に持っていくこともできて結構便利です😃

次の記事ではねんね関連グッズについて書いていきます。

タイトルとURLをコピーしました