【体験談】エコー検査で胎児のFLが短い!脚が短いとダウン症や染色体異常なの?

プレママ

妊娠週数が進んでくると、超音波検査で赤ちゃんのより細かいサイズがわかるようになってきます。

平均よりも頭が大きかったり脚が短かったりして「もしかして病気?」と心配になってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

私も同じ経験をしましたので詳しく書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

本題の前に、エコーでの推定について

妊娠初期の超音波検査ではCRL(頭殿長=頭からおしりまでの長さ)を胎児の大きさの目安にすることが多いですが、

妊娠週数が進むとBPD(児童大横径=頭の横幅)AC(腹部周囲長=腹囲)FL(大腿骨長=太腿の骨の長さ)等、より詳細な赤ちゃんのサイズがわかってきます。

そしてBPD・AC・FLなどから赤ちゃんのEFW(推定体重)が算出されるのです。

私の場合は妊娠14週まではCRLの計測があり、以降はBPD・AC・FLの計測になりました。

お持ちのエコー写真を見てみると、GA(妊娠週数)という表記があるかもしれません。
これは各項目の数値が妊娠何週相当なのかということを示しています。

たとえば
BPD:36.4mm
GA:17w0d
とあったら、頭の大きさは36.4mmであり17週0日相当ということです。

また、SD(標準偏差)という表記がある場合、それは平均からどれくらいずれているかという目安を表しています。

一般的には、SDが-1.5~+1.5の範囲に収まっていれば標準範囲内とされています。

Sponsored Link

頭が大きい?!足が短い?!

さて、上記のGAやSDを見てふと「あれ?私の赤ちゃん頭が大きい?」と気づいたり、
妊婦健診で医師に「脚が短めですね~」と言われたりして不安になっている方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時インターネットで「ダウン症や染色体異常だと頭が大きい傾向にある/脚が短い傾向にある」なんて記事を目にしてしまうとすごく気になってしまいますよね。

私の赤ちゃんもBPDが長くFLが短くて当時は心配したものです。

しかし、生まれてみると健康な赤ちゃんでした^^

うちの子のFL経過

さて、そんな我が子のFL(大腿骨の長さ)は…

週数FLGASD
16週21mm16w2d-0.6
26週42mm24w4d-1.0
28週50mm28w2d-0.1
30週53mm30w0d-0.4
32週57mm31w6d-0.4
34週60mm33w3d-0.6
36週62mm34w4d-0.9
37週64mm35w5d-0.7
38週58mm32w2d-2.9
39週68mm38w3d-0.3

以上のように常に平均よりも短く、2週遅れなんてこともしばしばありました^^;

妊娠38週ではなんと32週相当とされてしまいましたが、
34週のときよりも短いなんてことはないと思うのでこれは測り間違いかな。

うちの子のBPD経過

さて、一方BPD(頭の直径)はというと…

週数BPDGASD
16週36mm17w0d0.2SD
26週67mm26w6d0.7SD
28週74mm29w5d0.9SD
30週78mm31w3d0.6SD
32週82mm33w1d0.5SD
34週84mm34w4d0.1SD
36週89mm37w2d0.4SD
37週91mmOOR0.7SD
38週91mmOOR0.4SD
39週95mmOOR1.0SD

常に平均よりもやや大きく、37週にはOOR(範囲外)になってしまいました^^;

Sponsored Link

まとめ

頭が大きくて脚が短いなんて今思えば不名誉(?)な検査結果の我が子でしたが、
染色体異常はなく元気で平均的な成長をしています。

言われてみれば太腿の長さはやや短いのかも…?という感じです。
でもふくらはぎが長いので短足ではありませんでした(笑)

また、頭は寧ろ小さめです。

エコー検査は誤差もありますし、お腹の赤ちゃんにも個性があります。

みんなが同じ頭の大きさ・同じ足の長さで生まれてきたら変ですよね?

エコー検査でBPDが長くても、FLが短くても、
ダウン症とは必ずしも結びつくことではないようです。

妊娠初期の赤ちゃんのNT(首の後ろのむくみ)や、内臓疾患がないかどうか等の色々な要素から医師は染色体異常の有無を判断しています。

問題を指摘されていない限りは、気にしすぎず楽しいマタニティライフを送ってください^^

タイトルとURLをコピーしました