赤ちゃんの二次性乳糖不耐症。ノンラクトから普通の粉ミルクへの戻し方は?いつまで使う?

乳児期の育児

赤ちゃんが感染症などでお腹をこわして一時的な乳糖不耐症になることはよくあります。

その際、乳糖不耐症用の粉ミルクに切り替えていた場合はどのように元の粉ミルクに戻していけばよいのでしょうか。

我が子もなかなか治らず大変でした。そのときの体験をもとに書いていきます。

スポンサーリンク

乳糖不耐症とは

乳糖不耐症の種類と原因

乳糖不耐症とは何らかの原因により乳糖分解酵素の活性が低下することで、乳糖を消化吸収できなくなる疾患です。

遺伝的に乳頭分解酵素をもたないことによる先天性の乳糖不耐症と、一時的なものである後天性の乳糖不耐症(=二次性乳糖不耐症)があります。

感染性腸炎(おなかの風邪)などで下痢をして腸の粘膜が傷つくことで二次性乳糖不耐症を発症する赤ちゃんは多く、
その場合しばらくして小腸の粘膜が回復すれば以前と同じように乳糖を分解できる(=つまり治る)ようになります。

乳糖不耐症の症状と治療

乳糖を含む食物を摂取すると腹痛酸っぱいにおいの下痢をする等の症状がみられます。
赤ちゃんの乳糖不耐症ではいつもより黄色い水様便になることで気が付くママやパパも多いようです。

治療としては乳糖の摂取を制限することが挙げられます。

授乳期の赤ちゃんの場合、医師の指示のもとに粉ミルクをノンラクト粉ミルクに変更するか、乳糖分解酵素の薬を与える等の治療方法をとることが多いでしょう。

ノンラクトの粉ミルクとは、一般の粉ミルクと異なり乳糖を含んでいないものです。

代表的な商品としては森永乳業の「ノンラクト」があります。私もこちらを使っていました。

乳糖不耐症かも?と思ったら

赤ちゃんがもしかして乳糖不耐症?と気づいたら小児科につれて行ってあげてください。
その際、便の写真もしくは便のついたオムツを持参すると説明しやすいですね。

下痢がいつから一日何回どのような便か、その他の症状は…を医師に伝え、乳糖不耐症との診断がおりたら治療方針をよく聞きましょう。

もしノンラクトの粉ミルクへの切り替えを指示されたら、いつまで飲ませるのか、下痢が治ったら元の粉ミルクに戻して良いのか、など予め指示を聞いておくと良いですね。

一般の粉ミルクへの戻し方

ノンラクト粉ミルクに切り替えて赤ちゃんの下痢がおさまった!と歓喜する一方、通常の粉ミルクにはどうやって戻したらいいんだろう?と疑問に思っている方もいらっしゃるかと思います。

戻し方は主治医の先生に聞くのですが…
医師が具体的に指示してくれなかったり医師の指示がわかりにくかったりして、困ってしまうことも。

私も医師に「とりあえず一週間使って~それで下痢治ったら戻していいから」と言われ、その言葉通りに下痢もおさまった一週間後いつもの粉ミルクに戻したところ…

すぐに再発した!

ということがありました。

再度受診すると「じゃあまたノンラクトにして~」と指示され、以降繰り返し^^;
我が子はなかなか二次性乳糖不耐症から回復しませんでした。

医師にも「もう離乳するまでずっとノンラクトでいいんじゃない?」と言われてしまい…
しかしノンラクトは値段も高いですし、我が子がずっと乳糖を摂取しないのはなんとなく心配でした。

そこで普通の粉ミルクとノンラクトミルクを混ぜて使い、少しずつ普通の粉ミルクの割合が増えていくようにしました

具体的に私がとった方法

我が子が風邪をひいて下痢になったのは生後8ヶ月になった頃でした。

しばらく整腸剤などで治療をうけましたが下痢のみ治らず、二次性乳糖不耐症になってしまったのではないかということで、2週間ほどたってノンラクトの粉ミルクへ切り替えることになりました。

すると翌日には下痢は治りは以前と同じ固形の便になりました。
ノンラクトすごい

しかし一週間後、以前の粉ミルクにするとまた例の酸っぱい臭いの下痢

またノンラクトに戻して、暫くして一般の粉ミルクを飲ませて「まだ治ってないか~」ということを繰り返していました。

このままじゃ我が子は治らない!方法を変えなければ!ということで、ノンラクトに少しずつ一般の粉ミルクを混ぜていくことにしました。

我が子は当時200mlの粉ミルクを飲んでいたので、
まずは一般の粉ミルク20ml+ノンラクト180mlで混ぜて調乳しました。

すると下痢がおきないではないですか!

念のため丸一日同じ分量で調乳し、次の日の便の状態が良いことを確認してから
一般の粉ミルク40ml+ノンラクト160mlに変更…

これを繰り返してどんどん一般の粉ミルク量を増やしていくことに成功しました。

便がゆるめかな?と思ったときは無理せず一日前の量に戻して様子を見ていました。
そして一般の粉ミルク140ml+ノンラクト60mlまできて、
私は調子に乗りました。

もうこれ乳糖不耐症治ったやろ、と。

次の日一般の粉ミルク200mlを与えたのです。

すると…
乳糖不耐症再発😭

もう少し我慢して最後まで段階的に増やしていけばよかった!
我が子には大変申し訳ないことをしました。

そこでまた全てノンラクトに戻し、先述の方法で少しずつ一般の粉ミルクに戻していきました。

そしてついに生後10ヶ月末、ようやく我が子の乳糖不耐症は完治しました!

長かった乳糖不耐症…汚れた洋服やシーツの洗濯…高いノンラクトミルク…治って本当に良かったです。

とにかく我慢強く・少しずつがポイントだなと思いました。

ノンラクトミルクは値段も高いし近所では売っていなかったので、定価よりも安く買えるAmazonでまとめて購入していました。
定期オトク便だとさらに5%オフですのでおすすめです。

赤ちゃんの二次性乳糖不耐症でお悩みの皆様、医師とよく相談のうえ、根気よく付き合ってあげてくださいね。
あなたの赤ちゃんのお腹が早く良くなりますように😃

タイトルとURLをコピーしました