スムーヴの半端なく詳しい口コミブログ記事

【クチコミ】アップリカのベビーカー「スムーヴ」を9ヶ月間使用!超詳しくレビューする

Aprica(アップリカ)の三輪ベビーカーSmooove AB(スムーヴ)を2018年5月に購入し、9ヶ月が経ちました。

本記事では長所・短所をふくめて可能な限り詳しくレビューしていきます。

幌(日よけ)のフレキシブルさが凄い!

スムーヴを使って一番感心(?)したのが、幌(日よけ)のアレンジが豊富なところ。

スムーヴの幌を最大限開いた状態

こちらが最大限日よけを開いた状態。
正面から入ってくる日差しからも赤ちゃんをしっかり守ってくれますね。

画像①の部分はメッシュなので赤ちゃんの顔もよく見えます。

スムーヴの幌にあるメッシュ部分

ハンドル側に太陽があり①のメッシュ越しに赤ちゃんに日があたってしまうときは、①の部分だけを畳むと良いです。

スムーヴの幌を一段階畳んだ様子

①部分を畳んでもなお大きな幌で日光を防げます。

この状態でも②部分に開閉可能な窓があるので赤ちゃんの様子を見ることができて便利。

スムーヴの日よけが便利すぎる

スムーヴの幌には開閉可能な窓があります

さらに②部分も畳むと適度に日差しを遮りながら赤ちゃんも外を見ることができます。
うちの子は大きくなってくると外の世界を見たがったので、この状態での運用が増えました。

スムーヴの幌を二段階畳んだ様子

①と③を閉じて②だけの状態にもできるのが、スムーヴのすごいところ。

外も見えて赤ちゃんも見えるスムーヴの様子

これなら赤ちゃんは外をみることができ、ママは赤ちゃんの様子が見えて安心、日差しも適度に遮ることができます。

スムーヴの日よけを全開にした様子

幌を全て開くとこんな感じ(こちらの画像では座面のリクライニングを最大まで立てています)

外が見やすいので1歳近くになるとこの運用がメインに。日差しが強いときだけ幌を調節するようにしています。

半端ない走行性能

スムーヴといえば大きいタイヤとスムーズな走行性能。

まず操作性が一般の四輪ベビーカーとは全然違う!!!

スムーヴは非常に操作しやすく、軽い押し心地です。本体は重いはずなのに押すのはとても軽く感じます。

スムーヴ歴半年のころに外出先で軽量四輪ベビーカーを使用する機会があったのですが、あまりの違いに衝撃を受けました。

スムーヴに慣れた私にとって四輪は曲がりにくい、押しにくい…と全く上手に扱えませんでした^^;

そしてスムーヴはタイヤが大きい。

車道から歩道に乗り上げる際、PATTANを使っていたころはストレスを感じていたのですが、
スムーヴはもうめちゃくちゃラク!!

前輪を持ち上げるように力を入れてハンドルを操作して…なんてことは必要なく、スルッとそのまま低い段差を乗り越えてくれます。

さらに、タイヤが大きいので粗めのアスファルト点字ブロックも何のその。ジャリの多い公園も入っていけます。

スムーヴ、最高です。

リクライニングと背もたれ

スムーヴのリクライニング角度は120度から170度までということで、
水平にかなり近い角度までリクライニングできます。

スムーヴのリクライニングはかなり水平に近い!

ここまで平らになるなんて、すごくないですか?

スムーヴは生後1ヶ月から使用できるベビーカーなのですが、これなら首や腰がすわっていない赤ちゃんでも快適にねんねできますね。

なお、上の画像では足のせ部分をナナメに下げていますが、簡単な調整をすれば足のせ部分も水平にすることができるのでご安心ください

スムーヴの足のせサポートは調整できて便利

リクライニングをフルに起こすと120度。

スムーヴのリクライニングをフルに起こした状態
1歳になって座り姿勢で乗ることが殆どの今、正直もっと背もたれを起こせたらいいな~と思うこともありますが、うちの子は今のところ文句を言わず乗っているので良しとしています(笑)

リクライニング角度の調整は背面の紐を引っ張ったりゆるめたりすることで可能。

120度 or 170度というわけではなく、140度でも160度でも好きな角度にできます。

起こした状態で使用し、赤ちゃんが寝てしまったらリクライニング…ということもできるようです(うちの子は逆に起きちゃいそうでやったことはないです^^;)

大容量のカゴは有難い!けど…

スムーヴのカゴは最大30L(5kg)まで物を入れられてめちゃくちゃ便利!

ベビーカーを操作すると手に物を持てないので、必然的に荷物はカゴの中。
というわけでカゴが大きいのは超重要。

…なのですが、以前使っていたPATTANと違ってスムーヴは後ろからしか荷物を入れられません。
(PATTANは前後どちらからでもOK)

三輪だから仕方ないよな~まぁ慣れれば特に問題ないです。

しかし、カゴの途中にあるバー…これは未だに邪魔で慣れない(笑)

スムーヴのカゴは超大容量で便利だけど…

少し大きめの荷物を入れるときにバーが突っかかる~^^;
スーパーで買い物した帰りのエコバッグとか。工夫して詰めましょう…

ちなみにポケットがカゴ内に2つあるのですが、しゃがむのが面倒なので殆ど使ったことはありません(笑)

財布や携帯はベビーカーオーガナイザーを取り付けてそこに入れています。

関連記事

ベビーカーを使っていると、いろいろなグッズをベビーカーにつけて自分なりにカスタマイズしたくなりますよね。今回は私が実際に使って便利だと感じたおすすめの商品をご紹介していきます。オーリンク赤ちゃんに大人気のおもちゃ「オーボール(O'b[…]

スムーヴは改札を通れるか?

電車によく乗る方にとって、ベビーカーで駅の改札を通過できるかは重要ですよね。

バリアフリー対応の広い改札は混んでいることもあるので、通常の改札を通れるベビーカーならなお良し。

日本の自動改札機の横幅は55~60cmとのことですから…

 
Mew
あれ?横幅55cmのスムーヴは改札を通れないの?

でも私、スムーヴで自動改札を通れなかったことが今まで一度もないんですが…

最近は60cmの改札が増えているそうなので、そのおかげかな?

気になる方は最寄駅の改札幅を測ってから買うのもアリですよ!

また、ドリンクホルダー等の横にはみ出るベビーカーアクセサリをつけている場合は、バリアフリー以外の改札を通れなくなるかも?要注意です。

スムーヴの横幅はスーパーやコンビニの通路もラクラク通れるし、子供が窮屈そうでもない絶妙な大きさだな~といつも感じています。

ちなみに、バスに関しては、運転手さんの横を通って車内に進む際(←東京は入口が前)、ノンストップバス以外では通路幅が狭くスムーヴでは通ることができませんでした

ベルトまわり

ベルトはよくある5点式で長さ調整可能。

外すときはバックルを押すだけで簡単。
すこし固いのでうちの1歳児は未だ解除できません(助かる)

赤ちゃんの成長にあわせて、ベルト高さも3段階で調節できます。

スムーヴのベルトと腰マモールパッド

腰部分にはサポートクッションである「腰マモールパッド」が付属しています。
取り外しでき、生後1ヶ月~3歳頃まで使用可能です。

首すわりの頃(目安:生後4ヶ月)まで使う「頭マモールパッド」もあります。

スムーブの頭マモールパッド

ふかふかのクッションで枕みたい。
赤ちゃんの姿勢を適正に保ってくれるそうです。

フロントバーは取り外し可能

スムーヴにはフロントガードがついています。

スムーヴを正面から見た状態

赤ちゃんを乗せ降ろしするときフロントガードが邪魔だな~と感じる場合は、都度簡単に外すことができます。

スムーヴのフロントガードを外した状態

私は赤ちゃんが小さい頃はフロントガードを付けたまま乗せ降ろししていましたが、現在は子供の体が大きくなり背もたれも起こした状態で使用しているため、フロントガードが邪魔と感じることが多く、都度外して乗せています。

フロントガードカバーは、ファスナ―付きで簡単に外して洗えます。
(※スムーヴプレミアムはレザー調で洗えないので、タオルで汚れをふき取る)

ちなみにシートも取り外して洗えます。

ストッパーとハンドルブレーキ

スムーヴのストッパーは片側だけで左右両方の後輪をロックできるのが便利。
(他のベビーカーは両輪それぞれロックをするものが多く面倒)

スムーヴのストッパーは片側だけで両輪ロック

ハンドルにはハンドルブレーキもあります。握るだけで短時間の停止時に使えます。

スムーヴのハンドルブレーキ

また、上の画像のとおりスムーヴはハンドルが左右に分かれていないベビーカーなので、ちょっとしたときに片手で操作することも可能です◎

背面カバーまで調節可能…脱帽です

スムーヴって本当によく作りこまれているなぁ…と思うのが、背面カバーの位置まで調節できるようになっているところ。

スムーヴの背面カバーを下ろした状態

上の画像のように丸ごとカバーをかけることもできるし、

スムーヴの背面カバーを上げて通気性を確保

このようにカバーを上げて通気性をアップさせることもできるのです。夏は赤ちゃんも嬉しいですね。

58cmの超ハイシート

ハイシートとは座面の高さが50cm以上のことを言うそうですが、
スムーヴの座面高さはなんと58cm!!

乗せ降ろしをする大人の腰に優しく、夏は地面の暑さから赤ちゃんを守ってくれます。

赤ちゃんは暑がりと聞いてはいましたが、育ててみると本当に驚くほど汗をかきます。
汗びっしょりで暑いアスファルトの上を走行していると、脱水症状の危険もあります。

また、これまで無縁だった腰痛にも今は悩んでいる(子育ては腰を傷めます;)ので、その点でもハイシートのスムーヴにしておいてよかったです。

エアバギー(座面高さ44cm)と比較しても、非常に良いポイント◎

折り畳みの方法

大きくて重くてゴツいイメージの三輪ベビーカーですが、スムーヴの折りたたみは意外と簡単。

シート腰部分のカバーをめくるとご丁寧に「引いてたたむ」と書かれたベルトがあります。

スムーヴの折りたたみは意外と簡単にできる

これを真上に引き上げるだけで折りたためます。

意外と簡単ですよね?
とはいえ9kgあるのでパワーがない人は少し重いと感じるはず(私;)

あとはロックがかかっていることを確認し、かかっていなければカチッとロックをかけます。

スムーヴの折りたたみロック

前輪が後輪と並行になっていれば自立します。
前輪の向きが正しくない場合は手で直します(これが少し面倒くさい)

スムーヴプレミアムの場合はこの状態で前輪キャスターをロックするピンがあるので、使うと自立の安定性が増すようです。

レインカバーについて

スムーヴにはメーカー純正の専用レインカバーがあります(別売

私は既に持っていたイオンのトップバリュ(プライベートブランド)のものを装着してみましたが、特に問題なく使用できました。

そんな素晴らしいスムーヴの短所は…

短所はやっぱり重いところ。

9kgって聞くとそうでもないかな?と思うかもしれませんが、
カゴに荷物を入れたりベビーカーアクセサリをつけたりするとあっという間に超ヘビー級。

子供を乗せたままベビーカーごと持ち上げるなんて不可能
(友達がアップリカのマジカルエアープラスに子供を乗せたまま持ち上げてバスに乗っていた…衝撃だった…)

折り畳むのも重い。車の荷台に入れるのも重い(ていうか無理)

とはいえ、重くても走行性能は軽いのがスムーヴ。

本体の重さと押すときに感じる重さは全くベツモノなのです。これ超重要

また、スムーヴは三輪ベビーカー&超ハイシートなので前輪がウィリー(浮く)しやすいです。

ベビーカーフックなどをハンドルに取り付けて荷物をたくさん引っ掛けたりすると、簡単にウィリーしますのでご注意ください。

特にフルリクライニングしていると重心が後ろ側にかかってウィリーしやすいです。

対策としては、カゴに荷物をたくさんいれて重心を下げる、ベビーカーフックをつける場合は重いものを掛けない、ウィリーしやすいことを頭に入れて保護者が気を付けること。

ママバッグはカゴにいれるかリュックに入れるかしてハンドルに掛けないようにしましょう。

 
Mew
そうするとサッと物を取り出せなくて不便なので、私はオーガナイザーを使っています。
関連記事

ベビーカーを使っていると、いろいろなグッズをベビーカーにつけて自分なりにカスタマイズしたくなりますよね。今回は私が実際に使って便利だと感じたおすすめの商品をご紹介していきます。オーリンク赤ちゃんに大人気のおもちゃ「オーボール(O'b[…]

他に弱点は対面走行できないことくらいしか思いつかないな~
(対面走行で赤ちゃんが喜ぶのは最初の短い期間だけで、成長するにつれて外を見たがるので私的にはあまり問題なし)

というわけでスムーヴをおすすめするのはこんな人

  • 徒歩/すいている電車での移動が多い人
  • 自宅入口や最寄駅で階段を使わない
  • 車に乗せない/乗せるときはパパがやってくれる/パワーに自信がある人

持ち運ぶ機会があまりない人には超オススメ!

なんといっても軽い押し心地と大きいタイヤ超超超快適。
本体が重いこと以外には特に弱点なし最強です。

スムーヴに正直向いていないのはこんな人

  • バス移動が多い人
  • 自宅マンション/アパートや最寄駅で階段を昇り降りする人
  • に頻繁にベビーカーを乗せ降ろしする人

持ち運ぶ/持ち上げる機会が多い方には正直おすすめできません。

たまにならまだしも、頻繁にスムーヴを持ち運ぶ方は「もっと軽いものにしておけばよかった…」と後悔するかも。
折り畳みに関してはあまり辛くないので、電車で畳むことが時々あるという程度の方ならOKかなと思います。

持ち運びが多い方にはPATTANがピッタリかな?と思いますので、もし良ければPATTANレビュ―記事もご覧になってみてください。

関連記事

簡単に折り畳めて持ち運びも楽ちんなpigeon(ピジョン)社のA型ベビーカー「PATTAN(パタン)」を半年間レンタルして使ってみました。この記事ではスペックの紹介、そして長所と短所を含めレビューしたいと思います。スペックと選んだ理由[…]

以上、とても気に入っているApricaのベビーカー「スムーヴ」の口コミでした。

購入前はエアバギーと迷いましたが、やはりスムーヴの58cmの超ハイシートは魅力的です。
ブランド感があるのはエアバギーですけどね^^;

あとスムーヴは生後1ヶ月から使える(エアバギーは3ヶ月から)ところも良いです◎

たま~にバスに乗るときは「軽いベビーカーがもう一台あったらな~」なんて思うこともあるのですが、結局スムーヴ一台で何とかなっています。

もう1歳2ヶ月になりましたが、もうしばらく活躍してくれそうです。

関連記事

ベビーカーやチャイルドシートを買うことになったら、実際に押してみたり赤ちゃんを試乗させたりしてよく検討したいですよね。そこで、私が実際に行った東京都内や首都圏近郊の店舗のうち、実物の展示がたくさんあったお店をご紹介していきます。ベビー[…]

ベビーザらスお台場店のベビーカー展示コーナー