【裏技】離乳食を食べない赤ちゃん!逃げ出す!飽きる!偏食!効果があった食べさせ方6選

離乳食

せっかく作った離乳食を食べてもらえないと悲しいし心配ですよね。

うちの子は7ヶ月頃から離乳食拒否が始まり、
1歳2ヶ月の現在でも食べることはあまり好きではないようです^^;

そんな我が子に私がなんとか食事を食べさせている方法をご紹介します。

食べない赤ちゃんに困っているパパママ向けの記事なので綺麗事抜きで書いています。
「え?お行儀悪くない?」「食事のマナーが…」なんて内容もあるのでご注意くださいませ。

好奇心旺盛な赤ちゃんにおすすめの方法

これ、効果てきめんです。

プラスチック製のお皿やカップを1つ赤ちゃんに渡して持たせておきます。

未知なる物体に赤ちゃんは大興奮!
ここぞとばかりにお皿を触り、舐め、遊びます。

そのすきにママは赤ちゃんのお口に離乳食を入れましょう。

赤ちゃんがふと口をあけたり「あー」なんて言ったりしたら大チャンス!
無理矢理ではなく隠密のようにサッと口にスプーンを入れるのがポイントです。
無理に口に押し込もうとするとますます食事嫌いになりますのでNGです)

お皿に意識が集中している赤ちゃんは何故か離乳食を食べてくれます。

渡すものはお皿やカップに限らずオモチャなど安全な物なら何でも良いのですが、
普段触れない物のほうが赤ちゃんは夢中になるので効果が高いです。

椅子から抜け出すアクティブ系赤ちゃんには…

椅子にじっと座っているのが嫌いですぐ抜け出してしまう赤ちゃんには、
ベビービョルンのハイチェアがオススメです。

このハイチェアは子供が立ち上がれるだけの隙間がなく、
赤ちゃんが非常に抜け出しにくい構造になっています。

外出先では簡単にベビーチェアから抜け出すやんちゃなうちの子も、
家で使っているこの椅子からは一度も脱出できていません。

おかげで子供を追いかけまわして口に離乳食をぶち込むなんてこともなく、
離乳食関連で買ってよかった商品ダントツ一位です。

最終兵器!赤ちゃんはみんな大好きな〇〇〇

赤ちゃんが大好きなものといえばそう、Eテレ様!

うちの子も例に漏れずEテレ大好き野郎であり、
めちゃくちゃ機嫌が悪くても「いないいないばぁ!」をつければすぐにご機嫌に。

椅子に座らせた途端にギャン泣き…なんて時は録画しておいたEテレを発動。
すぐにテレビに夢中になり、なんでも口に入れてくれます(笑)

食事しながらテレビを見るなんて行儀が悪い…のだとは思いますが、
私自身も子供の頃を思い出してみるとテレビを見ながら食べていたなぁと。

さすがに離乳食期は覚えていませんが(笑)、

  • いずれテレビを見ながら食べることになるんだし(?)早いか遅いかの違いである
  • それより楽しく食べてくれるほうが大事

テキトーな我が家ではOKにしました。

やっぱりEテレ最高。

大人の食事を羨ましそうに見ているときは…

ある日私が息子に昼食を食べさせながら肉まんをかじっていると、
息子が「なんだそれは…美味そうだな…」という目で肉まんを見ていることに気が付きました。

それからは離乳食をあげても食べず、唸る。

「離乳食じゃなく肉まんをよこせ!」とでも言いたそうな雰囲気。

そこで肉まんの端っこの味が付いていない部分(私がまだ口をつけていない箇所なので虫歯菌がうつる心配もなし)をちぎって少しあげてみたところ…

ペッ

吐き出しました。

味ないもんね。美味しくないよね。

そして再び離乳食をあげるとすんなりパクッ

食べさせてもらえた(そして美味しくないとわかった)ことで納得いったのでしょうか。

一緒に食事を食べていて羨ましそうに見られたときに有効な方法です。

甘いものしか食べない赤ちゃんには…

甘い食べ物やお菓子は食べるのに、
出汁などの旨味系・塩味系の料理は嫌い!という赤ちゃんもいます。

うちの子は離乳食中期にその状態になり、
レシピ本にあるような料理は全部吐き出すというなかなかの困った赤ちゃんっぷりを発揮していました。

そんなときは息子の大好物であるキューピーのデザート(瓶詰のベビーフードでピンクのラベルのシリーズ)やたまごボーロを食卓に。

大好物を一口食べさせてご機嫌をとってから料理を一口食べさせる…のループでなんとか離乳食を食べさせるなんてこともしていました。

最後の手段を用意しておく

赤ちゃんの機嫌が悪かったり食べたくない気分だったり、
何しても食べないやんけ!というときもあります。

そういうときのために「これだけは絶対食べる!」という最後の手段をいつも用意しておくと良いです。

最後の手段があることでママも「最悪アレがあるし」というラクな気持ちになることができ、
赤ちゃんが後でお腹を空かせて泣く(夜中だと…あああ)事態も防げます。

私が使っていた最後の手段は

  • 離乳食中期はキューピーの「白身魚と野菜のクリーム煮」
  • 離乳食後期は手作り豆腐ハンバーグ
  • 1歳の今はバナナ

これを常に台所にストックしておき、「もう無理」と思ったらあげていました(笑)

飲んでくれる赤ちゃんの場合はフォローアップミルクなんかも最後の手段に良さそうですね。

『離乳食は〇〇〇だと思え』

「kufura」さんの記事で感銘を受けたのがこの言葉↓

『離乳食はお供えだと思え、食べなくてもお供えだから気にするな』
https://kufura.jp/family/childcare/29508

そうか、離乳食はお供えだったのか!

お供えなら、供えること自体が大事だよね~
食べなくても仕方ないよね~うんうん

私の気持ちを非常に楽にしてくれました。

育児書や離乳食本に載っている薄味レシピや栄養バランスの有難いお話は参考程度にし、
食べてくれればなんでもいいの精神で乗り切ってストレスを感じないようにしています。

1歳2ヶ月の息子はまだまだ超偏食なのですが、
食べられる物も少しずつ増えてきて私の食べさせ技もどんどん磨かれ、
幾分マシな食べ具合になってきました。

離乳食卒業まであと少し?と自分に言い聞かせ、なんとか乗り切りたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました