【レビュー】チュチュベビー・ドクターベッタ・母乳実感・NUKの哺乳瓶を比較してみた

哺乳瓶の比較育児グッズ

息子が生後2ヶ月の頃、乳首のサイズSSからSにステップアップすると
乳頭混乱を起こしたのかミルクをダラダラこぼしたり上手く飲めなかったりするようになりました。

そこで色々なメーカーの哺乳瓶を試してみることに。

1歳になり使わなくなった哺乳瓶もそろそろ処分…する前に、
それぞれのメーカーの特徴長所・短所などをまとめておきたいと思います。

購入した哺乳瓶たち

以下4種類の哺乳瓶を試しました。

  • チュチュベビー スリムタイプ
  • Betta(ドクターベッタ)
  • ピジョン 母乳実感
  • NUK

並べてみるとこんな感じ。

哺乳瓶の比較

チュチュベビーは細長くて、Bettaは特徴的な形、母乳実感はぽっちゃり系、NUKはおしゃぶりみたいな形の乳首、と各社見た目からして結構違います。

チュチュベビー スリムタイプ哺乳瓶

最終的にこちらの哺乳瓶に決めました。

チュチュベビーの乳首は赤ちゃんの吸う力にあわせてミルクの出る量を自然に調節してくれるので、月齢にあわせて乳首をサイズアップする必要がないのが最大のメリット!

そのため乳頭混乱を起こすことはなく
私もサイズ変更のタイミングを気にする必要がなくなりました。

乳首はやわらかくて細身でシリコンゴムが薄め

飲みやすすぎる乳首だと吸う力がつかない…なんて噂も聞きましたが、
我が子はこちらのチュチュベビー育ちで物凄い吸引力なのでそんなことはない気がします(笑)

欠点としては調乳時にお湯が熱すぎると、
ミルクがフタに漏れる(フタからは漏れない)ことが結構ありました。

乳首の劣化も早い気がします。薄いからかな?

・月齢に関係なく乳首はワンサイズのみ
・哺乳瓶本体の値段が安い
・ボトルの口が狭いのでミルクの粉を入れるときに気を付ける必要がある
・乳首の劣化が早い気がする?定期的に乳首を買い替えました

Betta(ドクターベッタ)

Bettaはブレイン乳首orスタンダード乳首クロスカットor丸穴…と少々ややこしいシステム。

メーカーの説明書を参考にまとめてみるとこんな感じ。

クロスカット丸穴
ブレイン乳首ブレイン」シリーズに最初からついている乳首。ママのおっぱいのように噛んでソシャクしないとミルクは出ない。固め。ミルクが自然と流れ出てくる乳首。ブレインxクロスカットでは飲むのが難しい赤ちゃん向け。固め。
スタンダード乳首吸わなければミルクは出てこない乳首。スタンダードx丸穴では物足りない赤ちゃん向け。柔らかめ。ジュエル」シリーズに最初からついている乳首。ミルクが自然と流れ出てくる。飲むことを重視。柔らかめ。

我が家にはブレイン×クロスカットのBettaがあった(陣痛タクシーのマタニティギフトで頂きました♡)ので試してみたところ、息子はすんなり飲んでいました。

乳首の形はチュチュベビーと同様にやわらかく細身ですがBettaのほうがやや厚く感じました。

Bettaの哺乳瓶はボトルの独特のカタチで空気を飲みにくくし、ゲップが軽減できるそうです。
赤ちゃんの吐き戻しに悩むママにもおすすめ。

頭位性中耳炎を予防したり、誤嚥を防ぐ効果もあるとのこと。

…が、Bettaは洗いにくいし値段が高いということで貧乏な我が家では却下に。

哺乳瓶用のスポンジが奥まで入っていかないんですよね~
Betta社が出している専用のブラシを買えばいいんですがこれまた高いし^^;

また、ブレインクロスカット乳首は噛んで吸わないとミルクが出ない乳首…ということで、
調乳したあとに温度確認しようとしてもなかなかミルクが出てこず私は手こずりました。

・ゲップ軽減
・頭位性中耳炎予防
・誤嚥防止
・哺乳瓶本体の値段が高い
・専用ブラシ以外では洗いにくい
・ブレイン×クロスカット乳首の場合は温度確認が面倒

ピジョン 母乳実感

恐らく日本で最もポピュラーな哺乳瓶といえばコレ。

私も最初はこちらを購入しました。

乳首はSS、S、M、L、LLの5種類で、月齢に応じて変更する必要があります。
問題ない子も多いとは思いますが、うちの子は敏感なのかサイズアップと同時にだらだらミルクをこぼすようになってしまいました。

また、「母乳実感」という名前ではありますがやや柔らかくて飲みやすいタイプの乳首なので、
完母を目指す場合は同じピジョン社の「母乳相談室」シリーズのほうがオススメ。

ちなみに母乳実感と母乳相談室の乳首には互換性があり、

  • 母乳実感哺乳瓶×母乳相談室乳首
  • 母乳相談室哺乳瓶×母乳実感乳首

のどちらも可能です。

乳首のゴムがしっかりとして厚みがあり劣化しにくいと思いました。

本体価格はやや高めの設定となっています。

・どこでも買えるポピュラー感
・乳首が劣化しにくい
・月齢や哺乳量に応じて乳首の段階的なサイズアップが必要
・哺乳瓶本体の値段がやや高い

NUK(ヌーク)

NUKはおっぱいで育っている赤ちゃんでも戸惑わずに飲めることが医学的に証明されている哺乳瓶だそうです。

乳首の形が特徴的で、おしゃぶりのようなカーブのある形です。
ミルクの出る穴が上あごの位置にくるようになっています。

乳首自体のサイズはS(0-6カ月用)M(6-18カ月用)の2種類ですが、
穴の大きさが母乳/お茶/さ湯用(丸穴小S)・ミルク用(丸穴M)・果汁用(丸穴大L)と用途別に更に分かれているので計6種類となります。ややこしい^^;

残念ながらうちの息子は乳首があわずダラダラこぼれ気味になってしまいました。

・哺乳瓶本体は値段がやや安い
・6カ月頃に乳首のサイズアップが必要
・替えの乳首は値段がやや高い
・乳首のサイズ表記が分かりにくい

まとめ

一言で哺乳瓶といってもメーカーによってかなり造りが違うことがわかりました。

うちの子は生後2ヶ月で母乳実感からチュチュベビーに乗り換えて以来、1歳頃の卒乳までずっとチュチュベビーで育ちました。

最初は困惑していましたが3回目くらいで上手に飲み始め、それからはトラブルなくミルク生活を送ることができました。

敏感な赤ちゃんの場合は乳首のサイズアップが必要ない哺乳瓶(チュチュベビーやBetta等)がオススメです。

タイトルとURLをコピーしました