離乳食、ドロドロのものしか食べない…形ある固形のものを食べられるようになる方法

離乳食

生後5ヶ月末に離乳食を開始し、離乳食本を熟読しながらなんとか離乳食初期を終えました。

離乳食作るの大変だけど一応食べてくれるしこれからも頑張ろ~
月齢が進めば裏ごし・すり潰しもなくなるし、どんどんラクになるに違いない♪

…そう思っていた時期が私にもありました。

スポンサーリンク

離乳食戦争、激化

離乳食中期のはじまり(生後7ヶ月半ば)から、次第に雲行きが怪しくなってきました。

気に入らないものは吐き出す!それを掴んで投げる
食器やテーブルに飛び散った料理で遊び、床もびちゃびちゃ!

彼にとって皿はひっくり返すためのもの、スプーンは新しいオモチャらしい。

私

頑張って作ったのに~。掃除しんど…

時間をかけてせっかく作った料理を食べてもらえず、
テーブルや床も食事のたびにすごく汚れて…これかなりストレスたまりますね(;;)

いくらか食べてもらえるならまだやる気も出ようもんですが、

彼は一度嫌だと思ったものはもう口をあけない!
というか殆どのものが嫌いで食べない!

特に少しでも固さがあるもの(離乳食本にモグモグ期の調理例として載っているくらいの固さ)は受け付けず、8倍がゆやフルーツジュレ等のドロドロの物ばかり食べていました。

インターネットで色々と調べて、とろみをつけてみたり、月齢に合ったベビーフードを買って食べさせてみたり…しかし全て効果なし。

同じ時期に子供を産んだ友達に聞いてみたところ、
彼女の子供は好き嫌いなく何でも食べて食事が大好きだそうで…

私

なんでうちの子だけ食べないんだろ~
私が料理下手なのかな?

離乳食が憂鬱になってきました。

支援センターに相談してみた結果

「なんでうちの子だけ…」という気持ちになると良くないなぁと常日頃思っているので、
マイナス方向に気持ちが落ちる前に支援センターに相談してみました。

子育て支援センターとは区や市などの自治体が運営する施設で、育児について不安に思っていることを相談したり、子育て関連の情報を教えてもらえたりします。

そして今の状況を説明したところ、こんなアドバイスをいただきました。

今は色々な食材を食べさせることよりも、食材の固さに慣れさせていくことが優先
嫌いなものは無理に食べさせなくてもいいから、好きなものをどんどん固く大きくしてみる。
私

無理して野菜を食べさせなくてもいいんだ~!

まだ授乳もかなりしているので(ちなみに完ミ)、粉ミルクからたくさん栄養を摂っていますしね。

少し光明が見えてきました!

Sponsored Link

講じた対策とレシピのようなもの

当時生後8ヶ月の息子はバナナが大好きで、
細かく切って無糖ヨーグルトと混ぜてバナナヨーグルトにして食べさせていました。

そこでバナナの切り方を徐々に大きくしていき、食感に慣れさせていくことに。

バナナはまとめて買ってきて包丁でカットし、冷凍保存していました。
使うときは電子レンジで温めてヨーグルトをかけるだけなので簡単。

バナナも離乳食用に冷凍保存

これ↑は1歳頃の画像なので1カットが大きめですが、フリージングのイメージとしてはこんな感じ。
容器は前回の記事でもおかゆの冷凍保存用として紹介したピジョン冷凍小分け用パック(100ml)です。

また、キューピーのベビーフード「白身魚と野菜のクリーム煮」だけは食事っぽいものの中で唯一気に入っていたのですが、例に漏れずドロドロ系で…^^;

これは玉ねぎのみじんぎりを加えて固さを出してみました。

玉ねぎはみじんぎりにするのが面倒だったので、コープデリのすでにカットされているものを使用して時短。離乳食調理の憂鬱を少しラクにしてくれる神商品でした。

コープの冷凍野菜(北海道玉ねぎみじんぎり)

1袋分の中身を全て鍋にいれ茹でて水を切り、
リッチェルの「わけわけフリージングブロックトレー15ml」で冷凍保存していました。

クリーム煮+玉ねぎ、に慣れてきたら今度は他の野菜も加えていきました。
ここでもキューピーのベビーフード「角切り野菜ミックス」を使ってラクをしていました^^;

このようにして息子の好きな食べ物だけどんどん形があるものにしていき、
おかゆや野菜等の好きではないものについてはのんびりと進めました。

この方法でなんとか離乳食中期を乗り切ることができました

その後、離乳食後期も苦労してたくさんのメニューを考案しながら乗り越え、離乳食完了期から少しずつラクになっていきました。

今は幼児食ですが、好き嫌いはあれどたくさん食べるようになっています。

離乳食後期に生み出したたくさんの時短で子供がよく食べるレシピについても後日また書きたいと思います♪

タイトルとURLをコピーしました