【大宮鉄道博物館】赤ちゃん・未就学児と行く時の情報、オススメの展示

鉄道博物館のキッズプラザ子供とおでかけ

前回の記事『【大宮鉄道博物館】シミュレータ整理券を効率的に取る方法。配布場所は?子供も楽しめる?』では、鉄道博物館の混雑状況とシミュレータの整理券についてご紹介しました。

本記事では赤ちゃん・未就学児と行く鉄道博物館をテーマに

  • 小さい子供連れでも楽しめる展示アトラクション
  • ベビーカー置き場
  • オムツ替え授乳ができる場所
  • キッズプラザ

について書いていきます。

未就学児や赤ちゃんにオススメのコーナー

鉄道博物館は小学生以上のみのシミュレーターが多いのですが、幼児赤ちゃんでも楽しめるものもたくさんあります。

特にオススメなのがミニ運転列車です。

鉄道博物館の大人気アトラクションミニ運転列車

ミニ運転列車の運転は小学生以上のみ可能ですが、同乗者は年齢制限がないので未就学児や赤ちゃんでも後部座席に乗って楽しむことができます。

また、D51シミュレータは中学生以上のみ対象のシミュレータですが、助手席は年齢制限がありません。パパが運転席で操作を担当し、ママと赤ちゃんは助手席でお手伝いするのも楽しいですよ!

ミニ運転列車・D51シミュレータの記事はこちら

但し、ミニ運転列車やD51シミュレータは整理券が必要な展示ですので、小さい子供連れの場合は朝早くに到着して並ぶのが大変かもしれません。

その場合はミニはやぶさ号てっぱくラインがおすすめです。
待ち時間が短く予約も不要となっています。

てっぱくラインはベビーカーも乗せることができますよ!

ミニはやぶさ号があるてっぱくひろばには子供向けの遊具もあり、未就園児でにぎわっています。

てっぱくひろば・ミニはやぶさ号・てっぱくラインの記事はこちら

また、車両ステーション仕事ステーションでは実物車両の展示が多数あり、子供の興味をひきます。
パパとママも車両の中に入って楽しめますし、もちろん予約不要です。鉄道博物館の車両ステーション

鉄道博物館は特に午前中が混雑するため、小さい子供連れで気が引けるという場合は午後からの入館もおすすめです(シミュレーターの整理券は取れませんが)

ベビーカー置き場について

車両ステーションでは、車両内に入るのに階段を上る場合も多い(↓)ので、ベビーカーはベビーカー置き場に置いておくのがおすすめ。

鉄道博物館では実物車両の中に入って体験できる

Sponsored Link

ベビーカー置き場はエントランスから車両ステーションに入ってすぐ左にあります。

鉄道博物館のベビーカー置き場

また、ミニ運転パークの入口にもベビーカー置き場があります。
どちらもチェーンロック等の設備はないので貴重品の置き忘れに注意です。

車両ステーション以外のエリアは階段昇降必須の場所が殆どなく、ベビーカーでも快適に館内を見て回ることができます。

オムツ替えや授乳ができる場所

鉄道博物館のベビー休憩室は館内に5ヶ所あります。

鉄道博物館のベビー休憩室

鉄道博物館のベビー休憩室(車両ステーション内)

ベビー休憩室にはオムツ交換台粉ミルク用の給湯設備があります。

オムツ交換台は台数が少ないので前の方が使用し終わるまで待つこともよくあります。

オムツ用ゴミ箱があってオムツを捨てて帰れるのがありがたい(でも使用済みオムツを包むためのビニール袋はないので持参しています)

ベビー休憩室併設の授乳室(女性専用)は入口にカーテンがかかっています。

鉄道博物館の授乳室入口

中はこんな感じ↓で仕切り無しの共用となっているので授乳ケープを持参すると良いです。

鉄道博物館の授乳室

鉄道博物館の授乳室

女性用トイレの個室にベビーカーで入ることはできないので、ベビーカーに赤ちゃんを乗せたまま一緒にトイレに行く場合は多機能トイレを利用します。

Sponsored Link

キッズプラザ(本館1F)

子供向けのプレイエリアで、プラレールおままごとべんとうや乳幼児ゾーン(3歳まで)、キッズカフェなどがあります。

鉄道博物館のキッズプラザ

長期休暇期間や土日はとても混んでいます

プラレールエリアは大人気!幼稚園児くらいの子供が多めです。
おままごとべんとうやは女の子多し。
乳幼児ゾーンはふかふかのマットが敷いてあり、赤ちゃんがハイハイしても大丈夫です。

キッズプラザ内のベビー休憩室は他よりも広くオムツ交換台も多いのですが、利用者も多いです。


以上、鉄道博物館には赤ちゃんや小さい子供でも楽しめる展示がたくさんあります。

0歳で初めて連れて行ったときはあまり反応がなかったうちの息子も、現在ではてっぱく大好き男子に成長しており、行くたびに親が引くレベルで大興奮しています。

訪問の際には割引前売り券のチェックも忘れずに!(記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました