子どものドア指挟み防止を対策してみた。オススメ商品・賃貸でも使える裏技を紹介します

安全対策

子どもが自由に室内を歩き回るようになると、扉に指を挟んで怪我をしてしまわないか心配になりますよね。

東京都の調査を見てみると、指はさみ事故の件数について書かれていました。

平成23年から27年の5年間において、手動ドアに挟まれて救急搬送された子供は932人おり、そのうち45人が指を切断しています。

(出典:東京くらしWEB

都内だけでも、こんなに多くの事故が起きているんですね。

私

指切断なんて怖すぎる…

子供のためにも、自分が安心して子供を生活させるためにも、指はさみ防止対策は必須!

スポンサーリンク

まずは、ドアストッパーを活用する

一番簡単に実践できる指詰め対策は、既に設置されているドアストッパーを使うことです。

フックタイプのドアストッパーを常に掛けておく

我が家のドアストッパーは画像↑のようにフックを引っ掛けておくタイプで、1歳10ヶ月の息子はまだ外し方がわかりません。

子どもの学習能力はすごいので、目の前でフックを引っ掛けたり外したりするとすぐに方法を覚えてしまいます!見られないようにコッソリと使うのがポイントです。

このように家中のドアを全て開けて固定しておけば、子供が誤って指をはさんでしまうこともなくなります。

しかし、ドアストッパーがない場合や、子どもがドアストッパーの外し方を覚えてしまったときは、別の対策が必要です。それは…

Sponsored Link

指はさみ防止グッズを使ってみる

我が家にもドアストッパーがないドアがあるので、
指はさみ防止グッズを求めてベビー用品店をめぐってみたところ…

トイザらス(ベビーザらス)のオリジナル商品を発見!

トイザらスの指挟み防止グッズ「ゆびストッパー」

トイザらスの「ゆびストッパー」

1袋1000円くらいで、40cmのゆびストッパーが3個入っています(安い!)

これを縦に3つ繋げて貼ると…

トイザらスのゆびストッパーを縦に3つ並べて設置した様子

子どもの手が届かない高さまで隙間を覆うことができました!

ぴっちりとくっつけておけば、①と②のあいだ②と③のあいだに指を入れることはできません◎(意外と硬さがある素材のため)

ドアを開くとストッパーが広がり、隙間はありません。

ゆびストッパーを取り付けたドアは隙間がなく安全

ドアを閉じると勝手に折り畳まれて、コンパクトに納まります。

ドアを閉めるとゆびストッパーが折り畳まれる様子

ドアの開閉は、若干閉まりにくくなったかも?という程度。
特に問題はありません。

粘着力もじゅうぶんあり、大人でも剥がすことはできないレベル。

私

追い求めていた理想の商品♡

さっそく家中の色々なドアに貼り付けました。

しかし…

貼り方に要注意?

次の朝、ゆびストッパーを見てみると…

ゆびストッパーが壊れて逆に危ない

私

破れちゃってるじゃん…

私がギリギリに貼りすぎたためか、ドアを閉じてゆびストッパーが折り畳まれる際に上手く収まらず力がかかって、さっそく破れてしまいました。

私

破れている箇所が子供の興味を惹いて逆に危ない!

6個貼って、壊れたのは1個です。

私

買ったばかりなのに~

しかも高粘着だから剥がせないし

あまりギリギリを狙いすぎない(教訓)

あのアイテムを一緒に使うのがオススメ

賃貸住宅の場合や、持ち家でも家をキレイに保ちたい場合、
高粘着の指挟み防止グッズを壁や柱に貼り付けるのは勇気がいりますよね。

そんなときは、マスキングテープがおすすめです。

あらかじめマスキングテープを壁や柱に貼っておき、
その上から指はさみ防止グッズを貼ればOK!
子どもが触りたくなるような色や模様のマスキングテープは避け、壁や柱になじむデザインのものを選択します。
ギリギリの大きさにカットして貼り付けましょう。
私

こうすれば、使用しなくなったときにいつでも剥がすことができます。

先述のように指はさみ防止グッズが壊れてしまったときでも、簡単にやり直しできます。

Sponsored Link

取っ手側の対策はどうする?

蝶番(ちょうつがい)側の対策はこれでOKですが、取っ手側も心配です。

そこで西松屋にて「どっしりドアクッション」という商品を買ってきて、設置してみました。

西松屋のどっしりドアクッション

子どもが届かない位置に挟むだけで、ドアが完全に閉まらなくなります。

西松屋(Smart Angel)のどっしりドアクッション

西松屋の「どっしりドアクッション」

エアコン使用時など、これはこれで困るので(笑)
私は普段は外しておいて必要なときだけ使うようにしています。

以上、我が家の指はさみ対策をご紹介しました。
参考になりましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました