子連れNY観光|『ナイトミュージアム』のアメリカ自然史博物館

ニューヨーク州ニューヨーク市のアッパー・ウエスト・サイドにある”American Museum of Natural History”(ニューヨーク自然史博物館)は、映画『ナイトミュージアム』(原題:Night at the Museum)の舞台にもなった博物館です。

せっかくニューヨークにいるうちに見学しておきたいと思い、5歳と0歳の子供を連れて訪れてみました。

この記事では、

  • 予約方法と行き方
  • 見どころ
  • レストラン
  • ベビーカー・授乳室情報

を紹介していきます。

入場は予約が必須

チケットはオンラインで予約・購入して行きます。

返金は不可。3歳未満の子供は無料です。

公式サイトの”Reserve Tickets”をタップすると、選択肢は4つ。

Museum Member’s

この博物館の有料会員

NY, NJ, or CT Residents

NY/NJ/CT在住者。郵便番号を入れると…

Resident Pricing(在住者料金)もしくは、Pay-What-You-Wishが選べます。

これは入場料を自分で決められるというもの。面白いですよね。

アメリカ自然史博物館の入場料Pay-What-You-Wish
右に推奨入場料が表示されている

“I wish to pay”のボックスに、任意の合計金額を入力します。

0ドルは不可。最低でも1チケットごとに0.01ドル払う必要があります。

ちなみに、Pay-What-You-Wishの場合、特別展示のチケットの追加購入はできず、常設展示のみの見学となるので注意。

Non-Residents

NY/NJ/CT在住以外の人

Passholders or IDNYC and Corporate Members

観光パス、ニューヨークID、法人会員など、無料or割引で入場する人。

割引券種の場合は、当日カウンターで料金を支払います。

日付と時刻を選んで予約が完了すると、メールでQRコードが届きました。

アクセスと入口

地下鉄Bライン/Cラインの “81 Street – Museum of Natural History Station” 駅が近くて便利。

アメリカ自然史博物館の最寄駅

子連れinfo

この駅は階段のみなので、ベビーカーや車椅子の場合はバス利用がオススメ。
ちなみに、エレベーターがある一番近い地下鉄駅は”72nd Street”駅(徒歩20分)
mint
マンハッタンは、バリアフリー化されていない駅がまだたくさんあります。

広すぎて、地図からでは入口がどこなのかわかりませんが、正面入口はCentral Park West の通りにあります。

アメリカ自然史博物館の正面入口はセントラルパークウエスト通り

『ナイトミュージアム』でも見たあの建物!

アメリカ自然史博物館の正面入り口

ここから入ると、吹き抜けのメインロビー”Theodore Roosevelt Rotunda”(2階)に着き、大きな恐竜の化石たちがお出迎えしてくれます。

ちなみに、地下鉄駅から直通の入口(LL階)もあります。悪天候の日に便利。

子連れinfo

上記2つの入口は階段があるので、ベビーカーの方は81th Streetの裏口へ。

アメリカ自然史博物館のベビーカー・車いす向け入口は81St.

こちらはバリアフリーとなっています。

アメリカ自然史博物館のバリアフリーな入口(81 St.)

展示内容と見どころ

館内マップは公式アプリで見られるほか、所々にある案内カウンターでは、紙の日本語マップを貰うことができました。

また、公式サイトでPDFのマップをダウンロードできます。

まずはメインロビーのTheodore Roosevelt Rotunda (2F)

映画『ナイトミュージアム』では、ここに居たのはティラノサウルスでしたが、実際はバロサウルスとアロサウルス。

アメリカ自然史博物館の円形広間の恐竜の化石

吹き抜けを突き抜ける大きな恐竜の化石に、長男(5)は大喜び。

2Fには、大きな象など動物の展示が多くあり、子供も楽しみやすい。

日本コーナーを発見。

アメリカ自然史博物館の日本コーナー

現代の日本人はもうやらないよなぁ…という風習が、今も行われているかのように紹介されていたりする。

3Fの一番奥には、『ナイトミュージアム』でガムを食べていたモアイ像。

映画『ナイトミュージアム』のモアイ像

4Fには恐竜の化石がたくさん(ティラノサウルスはここ)。子連れの入場者もたくさん。

アメリカ自然史博物館4階の恐竜コーナー

LL(地下1階)は、宇宙コーナー。

アメリカ自然史博物館の宇宙の展示

こちらは、ボタンを押す展示や、無重力状態の体重計があったり、隕石を触れたり…と、見るだけでなく体験的に楽しめるので、子どもにもオススメ。

このほかにも書ききれないほどたくさんの展示がありました。

館内はとにかく広いので、全てきちんと見学するには丸一日かかりそう。

mint
私たちは映画関連と恐竜をメインに、他は全てサクッと見て所要3時間でした。

子連れinfo

ベビーカーは全館的に利用OK。

ただし、一部の特別展示では、2人乗りのベビーカーは入れないことも。その場合はベビーカー置き場があります。

また、LL(地下1階)にボックス型の授乳室があります。

アメリカ自然史博物館の授乳室
ロックがかけられて安心

中はこんな感じ

アメリカ自然史博物館の授乳室の中

mint
アメリカにしてはとても綺麗。搾乳用のコンセントもありました。

レストラン

LL階にはフードコートがあります。

アメリカ自然史博物館のフードコート
持ち込んだ飲食物を食べるのは禁止

セルフサービスでトレイに食べ物や飲み物を乗せて、レジでお金を払うシステム。

フードコートはセルフサービス

ホットドッグ、チキン、フライドポテト、サンドイッチ、惣菜、コーヒー、ジュースなどがありました。

惣菜はアメリカクオリティ

子連れはたくさんいるし、ベビーカーでも余裕で入れます。

フードコートには、ジェラート屋さんのワゴンがあり、子供に大人気。

また、1階と4階にカフェがあり、軽食やドリンク補給に。

アメリカ自然史博物館のカフェ

mint
ここはベビーカーで入っていきにくいかも

映画『ナイトミュージアム』

とても大きな博物館で、展示も面白いので、近郊に住んでいる方にはおすすめ。

短期間の旅行でわざわざ寄るほどかと言われると悩ましい。

でも、アメリカ自然史博物館が舞台の映画『ナイトミュージアム』を見たことがある方には、非常におすすめ。

「あ!これ映画で見たやつだ!」「〇〇はどこにいるかな~?」と探検気分で楽しめました。

訪れる予定がある方は、事前に視聴することで2倍楽しめるのでぜひ。

我が家は前日にAmazonプライムビデオでレンタル視聴してから行きました。

2時間未満なので長男(5)も飽きずに見終わり、当日は「あのガムの人(モアイ)だー!」と楽しんでいました。

ちなみに、映画に登場するキャラクターにまつわる実際の展示物が公式サイトにまとめられており、見学のおともに便利です。

\他にも色々書いています/
ニューヨーク観光の記事一覧はこちら

\Twitterはじめました/