卵巣嚢腫摘出手術#3|術後の肩の痛みと脚のしびれは後遺症?

卵巣嚢腫の摘出手術を受けた私(前回記事はこちら

目が覚めたら手術が終わっていました。
一瞬で…というよりは割としっかり寝たような感覚がありました。

手術直後の状態は…

手術室からお部屋まではベッドで移動したのですが、そのとき執刀医の先生が摘出したモノを見せてくれました。

とかが含まれていたらしい(メガネがないのでよく見えない)

運ばれながら

mint
私お酒強いんですよぉ~♪

とかわけわからんことを先生に喋っていた模様(覚えてない)
麻酔って怖い!

身体には色々な管や機械がついていて、かなりの重装備です。

1.硬膜外麻酔(背中につける麻酔)
2.抗生物質の点滴(右腕)
3.尿道カテーテル(おしっこを出すための管)
4.フットポンプ(両脚のマッサージ機)
5.酸素マスク

LINEや通話ができた

部屋に戻ってさっそく夫にLINEして、少し通話もして、

肩とヘソが痛い〜」
点滴邪魔〜」
カテーテルがうざい〜」

とか話しました。手術直後、意外と元気。

夫のところにも手術終了の電話連絡が17時半頃来ていたようです。

15時半に手術室入りしたので、手術室の滞在時間は2時間くらい。

麻酔をかけたり、目覚めたりする時間も含めて…なので、手術自体の時間はもっと短いはず。速いな〜

また、部屋に戻って2時間経つと酸素マスクが外れました。息がしやすい!

1.硬膜外麻酔(背中につける麻酔)
2.抗生物質の点滴(右腕)
3.尿道カテーテル(おしっこを出すための管)
4.フットポンプ(両脚のマッサージ機)
5.酸素マスク

で、ヘソは手術で切開した場所なので痛いのはわかるとして、

mint
なんで肩が痛いの?

なぜ肩が痛いのか

腹腔鏡手術ではお腹に炭酸ガスをいれるのですが、
このガスが術後も体の中に残って肩から出て行くので圧痛があるそうなのです(看護師さん談)

mint
こんなの知らなかったー!

切開した箇所や術部の痛みより、肩の痛みが一番キツかったです。
ちょっと身体を動かすと、ひどい筋肉痛寝違えのような痛みが襲ってきます。

寝返りも打てないのでこの日はずっと仰向けで寝ていました。
手術直後だからか、眠ったり目が覚めたりを繰り返してうつらうつらしていました。

硬膜外麻酔の威力はスゴイ

手術直前に背中につけてもらった硬膜外麻酔の効力はものすごくて、全身麻酔から覚めても術部の痛みは殆ど感じませんでした。

背中に刺さっている針(テープで固定)から管がのびており、管の先には麻酔薬の入ったポンプのようなものがついています。

おなか痛いな〜と思ったら自分でこのポンプを操作すると、管を通して背中の神経に麻酔薬が流れ、痛みが消えて行くという仕組み。

おかげで「お腹が痛くて眠れない!辛い!」なんてことは全くなく、ゆっくりと休むことができました。

硬膜外麻酔、最高!

ただ、ポンプは常に背中からぶら下がっている状態なので、寝ているときなどは結構邪魔です。

手術翌朝、片脚にしびれ

翌朝になると、右脚の感覚がおかしくなっていました。

それまでは足にフットポンプ(血栓を防ぐ機械)をつけていてわからなかったのですが、これを外したことで気がつきました。

1.硬膜外麻酔(背中につける麻酔)
2.抗生物質の点滴(右腕)
3.尿道カテーテル(おしっこを出すための管)
4.フットポンプ(両脚のマッサージ機)
5.酸素マスク

右脚が左脚に比べてスムーズに曲がらず、右太ももを手でさわってみると皮膚の感覚が鈍くなっています。

mint
もしかして麻酔の失敗?!後遺症

心配になってググってみても同じ症状の方は見つからず。
めちゃくちゃ焦って背筋が冷たくなりました。

「麻酔はずしてみる?」

ナースコールをすると麻酔科の先生が来てくれて、

医師
硬膜外麻酔のせいで痺れが起きていると思うから、麻酔を外して様子を見てみようか

えっ…硬膜外麻酔を外す…ですと?!

背中からぶら下がるポンプが愛おしくなってきた頃なのに!

これがあるからこそ痛みもあまり感じずに過ごせているけど、外されちゃったらやばくない?

医師
点滴の痛み止めでも耐えられると思うからさ

麻酔を外してしまった…(大失敗)

NOと言えない日本人な私、右脚のしびれが気になっていたこともあり「はい」と言ってしまいました…

そしてストップされる硬膜外麻酔

1.硬膜外麻酔(背中につける麻酔)
2.抗生物質の点滴(右腕)
3.尿道カテーテル(おしっこを出すための管)
4.フットポンプ(両脚のマッサージ機)
5.酸素マスク

はい、痛い〜〜〜〜

めっちゃ痛いじゃないか!!!

そりゃそーだ、術後14時間しか経ってないんだから。

あれ?そういうえば痛み止めの点滴は???看護師さ〜ん!!!(ナースコール)

看護師さん
点滴は使わずに座薬で様子を見ましょう

話が!!!!違ーーーーーう!!!!!!

麻酔の先生は点滴してくれるって言ってたじゃんかよぉ…

とはもちろん言えないチキンなので、素直に座薬を受け入れ。

ちなみに痛み止めランキング

【最強】硬膜外麻酔
【強】痛み止めの点滴
【中】痛み止めの座薬
【弱】痛み止めの飲み薬

らしいです(麻酔医談)

座薬を入れてもらうと少しはマシな感じがしないでもないですが、硬膜外麻酔に比べると全然効いてない。

1時間経っても「痛い」と言い続けている私を見て、硬膜外麻酔が再開されました。

右脚の痺れはまだ残ったままです。
しかし歩くことはできたので、看護師さんにトイレまで歩いて見せて、尿管カテーテルを外してもらえました。

1.硬膜外麻酔(背中につける麻酔)
2.抗生物質の点滴(右腕)
3.尿道カテーテル(おしっこを出すための管)
4.フットポンプ(両脚のマッサージ機)
5.酸素マスク

抗生物質の点滴硬膜外麻酔の管が身体につながっているので、まだトイレ行くにも一苦労です。

久々の食べ物はやっぱりアレ

手術翌日の昼(術後18時間)から食事が再開です!

待ちに待ったごはん…(40時間ぶり!)

どうせ流動食なんだろうなぁと思っていたら

手術翌日の昼食はやっぱり流動食だった

やっぱり流動食だったー!!(おもゆ…)
でも、今回はプリンがあるから嬉しい(笑)

久しぶりのごはんなのでたくさん食べられるかな?と思っていたら、みぞおちのあたりが痛くて食べるのが苦しかったです。

これも腹腔鏡手術による炭酸ガスの影響でしょうか。

右脚のしびれ、その後…

夕食(術後24時間)からはおかゆとなり、みぞおちが痛いながらも嬉しくて完食。

右腕の点滴(抗生物質)も取れました。
まだ硬膜外麻酔の管が背中についているものの、点滴がないだけでずいぶん身軽

1.硬膜外麻酔(背中につける麻酔)
2.抗生物質の点滴(右腕)
3.尿道カテーテル(おしっこを出すための管)
4.フットポンプ(両脚のマッサージ機)
5.酸素マスク

肩の痛みはまだあるものの、一応寝返りを打てる程度にはなりました。

そして、深夜(術後30時間)にふと右脚を触ってみると…

mint
しびれが取れてる~!

やはり手術による一時的なものだったようです。
後遺症が残るようなものじゃなくて本当に良かった(涙)

手術日と術後1日目はこんな感じで一番つらかったです。

続きはこちら↓

続き

[afTag id=7967]卵巣嚢腫の手術で入院していた私(前回の記事はこちら)本記事では術後の回復について、いつまで痛みがあったのか?退院後していいこととダメなことなど書いていきます。息子がパパっ子になっていた術後2日[…]

\Twitterはじめました/