手足口病の水疱(顔)

手足口病に感染した1歳の経過(熱・水疱)~保育園に行けるまで

今夏、とても流行っているとニュースでよく聞いていた手足口病。

こういう流行りものはだいたい貰ってくる息子(1歳8ヶ月)、かかるかな~と思っていたらやっぱり感染しました。

このブログでは

  • 症状(初期症状、発熱、水疱、食欲、不機嫌)
  • 保育園にいつから登園できるか
  • 熱が下がるまでの日数
  • 水疱が消えるまでの日数

について書いていきます。

朝は38.3℃

ある土曜日、6時過ぎに目を覚ました息子。

いつもは7時台に起きるけど、今日は随分早く起きたな~(土曜日なのに~)と思いながらオデコを触ると…

mint
でこ熱い…?

熱は38.3℃。鼻水や咳はなし。一見、普通に元気そうです。

この時は、保育園で風邪貰ってきたかな~とのんびり構えていました。

最初の診断は「ただの風邪」

朝イチでかかりつけの病院へ。

手足口病が流行っているとのことで、皮膚のチェックがありましたが、

息子はこの時点では水疱が全くありませんでした。

医師
手足口病ではなさそうだね

ということでついた診断は、風邪

これから熱が上がると思うから~と、解熱剤を処方され帰宅。

人生初の40℃超え

帰宅後、昼食を摂って熱をはかると…39.3℃

早速、解熱剤(カロナール細粒20%、0.5g)を飲ませます。

粉末タイプの解熱剤は初めて。座薬よりラクで良いですね~

39℃を超えているのに元気に暴れています。元気だね。

そして夕方、再び熱を測ると…39.8℃もある。

二度目の解熱剤を与えるも熱は下がらず、夜にはついに40.3℃を記録!

息子人生初の40℃超え、本人は至って普通(でも身体は激アツ

親の方が焦って#8000に電話しちゃったよ…(その状況なら様子見てくださいとのことでした)

急に解熱、赤いポツポツ

夜泣きもせず12時間ぐっすり寝た息子、翌朝起きると37.6℃。

mint
一日で熱下がった!子供の回復力ってすごいな~

しかし、昨日はなかった赤いポツポツした湿疹のようなものが首周りにできているのを発見。

手や口には湿疹はありません。

また、息子の食事の様子が少し変わってきました。

ふだんは好き嫌いはあれどよく食べる息子ですが、今日はなんだか食事の進みが悪いのです。

食欲はあるようで口に食べ物を運ぶのですが、なぜか好物も吐き出してしまいます。そして怒って泣く。

mint
…あれ?やっぱりこれって手足口病っぽくない?

しかし今日は日曜日。病院には明日また連れて行くことにし、食べやすそうなものを与えてなんとか息子のお腹を満たします。

手足口病の診断

月曜日になると、これまで首周りのみだった赤いポツポツ顔、手首、脚にも!

これは発熱から4日目に撮った写真ですが、こんな感じ↓

手足口病の水疱(顔)
手足口病の水疱(顔)
手足口病の水疱(膝裏)
手足口病の水疱(膝裏)

ちなみに、食事については少し改善してきました(不機嫌なりに普段の食事を一応食べる)

再び病院へ行って症状を伝えると、

医師
典型的な感じですね~

とのこと。そして上アゴに水疱を発見。食べるとき辛そうなのはこれが原因だったようです。

こうして、発熱から2日後手足口病と診断されました。

ちなみに、あせも用に処方されていた薬「キンダベート軟膏」は、手足口病の場合は塗らないほうが良いそうで中止となりました。

手足口病の症状・経過は様々

育児書やネットで調べると手足口病の症状は「赤い水疱が手足や口にできてから発熱し、短期間で解熱する」と書かれているものが殆どでしたが、

うちの息子の場合は逆で、初期症状が発熱、そして一晩で解熱し、水疱が現れた(しかも手のひらや足裏にはなかった)という順番でした。

周りの子供達も同様の経過でした。

ちなみに、遠方の友人の周りでは水疱が出てから高熱が長く続くタイプが流行っているそうで…

かかりつけ医によれば、手足口病といっても色々なタイプが増えてきているそう。最近多いのはお尻に水疱ができるタイプなんだとか。

保育園にはいつから登園できる

厚生労働省によれば、手足口病の保育園登園の基準「発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響がなく、普段の食事がとれること」だそうです。
(出典:保育所における感染症対策ガイドライン(2018 年改訂版)PDF)

また、厚生労働省の基準と保育園の基準が違うこともあるので、入園児に保育園から貰った資料を確認。

通っている園の基準は「解熱から1日以上経過して普段の食事がとれること」でした。

我が子の場合、日曜朝には解熱しているし普段の食事も食べているので月曜から登園可となります。

ただ、通っている保育園では保護者が一筆書いていくことが必要で、「〇月〇日に〇〇病院で手足口病と診断されたが、〇月〇日から登園可と医師に言われた」という書面を登園時に提出しました。

夜泣きと不機嫌

水疱はあるけれど熱は平熱に戻ったし、食事も食べられるし~と、治った気分でいた月曜日の夜。

ものすごい夜泣き。

普段は夜泣きしない子なんですが、この日は2時間泣き続けました。

抱っこしてもあやしてもダメ。もう何してもダメ。

手足口病の湿疹は痒くないって(ネットでは)聞くけれど、他に思い当たることもなく…やっぱり痒いのかな?

日中もグズグズが多くなり、要求が増えました。

高熱が出ていた時よりも、熱が下がってからの方が不機嫌

服を脱ぐのもイヤ!手を洗うのもイヤ!外に行くのもイヤ~~~~~~~~!!!

床に転がりまわって七転八倒しながらギャン泣きします。

解熱してから5日間経ってもコレ。

手足口病は子どもが不機嫌になるとよく聞いていましたが、ここまでとは…私のメンタルがやられそうでした。

解熱から1週間くらいはこの超絶不機嫌が続きました。

まとめ

以上、息子が初めて手足口病に罹った際の記録でした。

土曜日の朝に発熱して、日曜日の朝にはすでに解熱。熱は一瞬でしたね。

水疱については、発熱から4日目にはカサブタ化し、9日目には完全に消失して痕も残っていません。

ちなみに登園してみると、「手足口病が園内で流行中」との掲示が貼ってあり、やっぱり保育園で貰ってきたんだな~とわかりました(笑)

発熱や夜泣きも大変ったけれど、振り返ってみると親としては不機嫌が一番つらかったかも。

もう二度と感染しませんように。祈ります。

手足口病の水疱(顔)
\Twitterはじめました/