【体験談&おすすめ商品】本当に必要なものは?超詳しい出産準備リスト~お出掛け篇

プレママ

出産準備シリーズラストのお出掛け篇です。

妊娠中は赤ちゃんとのお出掛けが本当に楽しみになりますよね。

色々揃えたくなってしまうのですが…実際に必要だったものと要らないと思ったものをご紹介していきたいと思います。

要るもの一覧

ベビーカー…★★★
抱っこひも…★★★
スリング…不要
チャイルドシート…★★
ママバッグ…★★
母子手帳ケース…★
授乳ケープ…産後
調乳用水筒…★★
哺乳瓶ケース…★

(凡例)★★★ 絶対必要/★★ 人により必要/★ あっても良い/産後 まだ用意しなくてよい/不要 いらない

ベビーカー

ベビーカーはやはりあったほうが良いですね。

暫くは抱っこひもやスリングで乗り切るということも可能ですが、首がすわっていない時期こそベビーカーで寝かせたまま移動できるのは安心です。

また、ベビーカーはママがラクをするためのものと思われがちですが、赤ちゃんもベビーカーに乗せることでより安全に移動ができます。

生後2~3ヶ月の外出を始める時期までに用意すれば大丈夫なのですが、
新生児を連れてベビー用品店でしっかり検討するのは大変なので産前に購入してしまってもいいのかなと思います。

また、事前に機種を検討しておきレンタル予約しておくという方法もあります。

抱っこひも

エレベーターのないビルなど、ベビーカーでは利用しにくい施設はたくさんあります。
また、混雑しているバスや電車ではベビーカーを使用しにくく感じるママも多いかと思います。

そんな時は抱っこひもが便利です。
私はいつもベビーカーのカゴに抱っこひもを入れて移動しています。

街でよく見かけるのはエルゴベビーベビービョルン等でしょうか。

私はエルゴを愛用しています。
10kgの我が子を腕のみで抱っこするのは正直疲れるのですが、エルゴがあるとものすごくラクに抱っこできるので助かっています。

スリング

スリングは抱っこひもの一種で、大人の肩からナナメにつるし赤ちゃんを包み込むように入れて抱っこします。

新生児からアタッチメントなしで使えるものがほとんどですが、片方の肩に赤ちゃんの全体重がかかる構造なので肩コリのある方には辛いかと思います。
授乳中はただでさえ肩が凝りますので…

私はスリングは購入せず新生児の頃は腕で抱っこしていましたが、室内しか移動しませんし赤ちゃんも3kgしかないので特に問題ありませんでした。

チャイルドシート

車派ファミリーにとっては必須のチャイルドシート。
乳幼児を車に乗せるときは道路交通法によりチャイルドシートの装着および使用が義務となっています。

リクライニングできるものや回転式のもの、ISOFIX対応など様々な種類があります。

よく考えずに購入すると私のように後悔することになるかもしれません(笑)

購入前には店舗などで試してみるか、インターネットを駆使して入念に情報を集めることをおすすめいたします。

産院から自宅に帰る際に車を使うという方は、忘れず産前に購入そして車に装着しておいてくださいね。
装着は意外と手間がかかります。

ママバッグ

すでにお持ちのバッグで良さそうなものがあれば敢えて購入する必要はありません。

小さいバッグしかないという方はこの機会にママバッグを購入しちゃいましょう。
赤ちゃんとのお出掛けはとにかく荷物が多くなりますので…

私は手提げバッグとリュックのどちらも持っていますが、赤ちゃんのお世話は両手が空いているほうがやりやすいので専らリュックを使っています。

母子手帳ケース

母子手帳、かかりつけの診察券、乳児医療症などをまとめて入れておくケースがあれば便利ですが、なくても問題ありません。

妊娠中からご用意されている方もいらっしゃるかもしれませんね。
私は何かの雑誌の付録ポーチにまとめて入れています(笑)

授乳ケープ

私はエスメラルダのかわいい授乳ケープを購入しましたが一度も使いませんでした😅
最初は母乳をあげていたのですが、外出をはじめた頃には完全ミルク育児になっていましたので…

完全母乳の場合でも、最近は個室カーテンで仕切られた授乳室もたくさんありますので、その場合はケープなしで授乳するママが殆どかと思います。

共用の授乳室車の中で授乳するときには便利ですね。
地域の支援センターや児童館などで授乳ケープを使っているママもよく見かけます。

母乳育児の進捗にあわせ必要に応じて買い足しで良いかと思います。

調乳用水筒

外出先での粉ミルク作りのため、お湯湯冷ましを入れて持っていくための水筒です。

最近はたくさんのショッピングモールやデパートに調乳用のお湯が用意されているので、使う機会は少ないかもしれません。

しかしお湯のない場所に出かけることもあり、私は持参したお湯を使用したことが何回もあります。

粉ミルク育児や母乳・粉ミルクの混合育児の場合にはあって損はないかなと思います。

哺乳瓶ケース

持ち運び時に哺乳瓶をいれておくケースです。

なくてもハンカチで包んだりママバッグの哺乳瓶収納場所に入れたりすることで結構なんとかなります。

私は妊娠中に手作りで用意しておき、今もよく使っています。

以上、出産準備リストお出掛け篇でした。
これで出産準備記事は完結となります。
少しでもプレママの皆様のご参考になりましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました