【体験談】赤ちゃんの肥厚性幽門狭窄症!噴水のように吐くとは?症状、治療、経過の全て

子どもの病気

1,000人のうち約3人の赤ちゃんに発症するというちょっとレア(?)な病気、肥厚性幽門狭窄症

うちの子も新生児の頃発症しました。

そのときのことや、今の状態について記録しておきたいと思います。

肥厚性幽門狭窄症について簡単に

肥厚性幽門狭窄症とは、胃の出口にある「幽門」の筋肉が何らかの原因で分厚くなることで十二指腸への通り道が狭くなってしまい、胃の内容物が十二指腸に流れ出にくくなってしまう病気です。

何故か第一子の男の子(息子はまさにこのパターン!)が多く、環境要因遺伝要因などの仮説がありますが現在のところ原因は不明です。
(ちなみに私や夫の親戚には幽門狭窄症の既往歴がある人はいません)

新生児期生後0ヶ月)での発症が多く、うちの子も生後1ヶ月になる直前に急に症状が出始めました。

症状は噴水のように勢いよくミルクや母乳を吐くことが特徴で、そのためお腹がすいて不機嫌になったり脱水症状のような状態になる赤ちゃんもいます。

超音波によるエコー検査により診断され、手術もしくは硫酸アトロピンという薬剤によって治療を行います。

突然ミルクをピューっと吐いた息子

それは息子がもうすぐ生後1ヶ月になろうかというある日の深夜。

息子が突然ピューっと吐いたのです。

幽門狭窄症の症状はよく「噴水のように吐く」と言われますが、
私は「マーライオンみたいに吐いた!!!」と思いました。

噴水っていうと真上に液体が(クジラみたいに?)出るイメージですが、
息子の場合は寝ながら斜め上に向かってゴポッと吐いたので噴水という感じではなかったです。

吐いたのは大量の白い液体(恐らく50分前にのんだ母乳とミルク)でした。

これまで吐き戻しなんてしなかった子なのでびっくり。

でも今思い返せばその2日前に少しだけ溢乳していました。
「たらー」って程度でしたがこれが前兆だったのかもしれませんね。

吐いて1時間経ってから少なめの授乳をし、
以後少量ずつ増やして授乳量を元に戻していきました。

そして半日後、今度は授乳20分後息子がまたピューっと…

やけに吐くなぁ、体調悪いのかな?と心配になる私。
ネットで調べると「幽門狭窄症」の症状によく似ています。

でも噴水って感じではないんだよなぁと。

当時里帰りしていて実家の家族に相談もしてみましたが、
赤ちゃんの吐きこぼしはよくあることだし…まさかそんなレアな病気では…という感じ。

そんなものなのかな?でもこんなに急に吐きこぼし始めるかな?
不安になりながらも「まさか」という思いは私もあり、少量の頻回授乳で様子見をしました。

次の日は一度少量吐いた(寝ながら横に少したれた程度)のみで過ごせてホッ

…としたのもつかの間、その翌日また大量にミルクを吐いてしまいました。

ここで私は幽門狭窄症と確信。
レアな病気だろうと、なるときはなる!

深夜でしたが出産した病院に電話をして相談すると、
朝になったら受診するよう言われました。

検査、診断、そして入院

病院ではX線検査腹部の超音波検査をしてすぐに肥厚性幽門狭窄症と診断されました。

大学病院で産んでよかった~と思った瞬間でした。

検査機器が揃っていてすぐに精密検査をしてもらえたので、
たらい回しになり息子の苦しい期間が長くなるなんてことはなく。

赤ちゃんが幽門狭窄症かも?と不安になっている方は、
検査機器が充実している大きな病院を受診するのがおすすめです。

手術にするか薬剤(硫酸アトロピン)治療にするか迷いましたが、

医師が

  • 薬剤治療は効果が出るまで長くかかり、今の栄養不足状態が長く続く。
  • 薬剤治療は結局効果がないこともよくあり、その場合は手術に切り替える。
  • この病院では殆ど100%の人が手術を選択している。

手術推し

私はオロオロしていて何も決められませんでしたが、
夫が「長く辛い薬剤治療をしても効果が出ず結局手術になることもあるならば」と手術をすることに決定。
(薬剤治療を選択なさる他のお母様お父様に対する批判ではありません。あくまで私たちの価値観です)

即入院となり、手術日は2日後に決まりました。

手術までは点滴のみで授乳はありません。
腕に点滴をつけて「お腹すいたよ~!」って泣き続ける息子が可哀想すぎます。

看護師さんにおしゃぶりを与えてもらい、それで我慢…できるはずもなく
日中はずっと私が抱っこして病室内を歩き回り誤魔化していました。
(親が一緒に泊まって付き添う病院ではないので私は夜間は帰宅でした)

タイトルとURLをコピーしました