【体験談】出産の兆候や前触れとは?おしるしや子宮口が開き始めてから陣痛までの期間は?

プレママ

出産予定日が近づいてくると、いつ赤ちゃんに会えるのかドキドキしますよね。

予定日を過ぎても陣痛がこなくて、もどかしい気持ちの妊婦さんも多いのではないでしょうか。

本記事では、陣痛の予兆について、そしておしるし~子宮口が開く~陣痛までどのくらいかかるのか書いていきます。

一般的に出産兆候として言われている症状を10個挙げていきますね。

私(アラサー初産)は結局39週6日の夜に陣痛がきて40週0日(予定日ぴったり)に出産しましたが、私の実体験についても併せて書いていきます。

お腹が張りやすくなる

前駆陣痛というやつですね。症状としては不規則な腹痛お腹の張りなどがあります。

出産時には子宮が収縮して子宮口が開いていきますので、その準備をしているのでしょうね。

私は37週から張りやすくなりました。
歩くとキューっとなったり、夜中に生理痛のような痛みがあったり。
痛みは生理3日目くらいの不規則な感じで、痛くない日もありました。

あれ?と思ったら規則的な間隔で痛みがきているか計ってみましょう。

おしるし

出産が近くなると子宮口が開きはじめたり子宮が収縮したりすることで、少量の出血(=おしるし)があることがあります。

出血多量なときや痛みを伴う出血鮮やかな鮮血の場合は常位胎盤早期剥離の可能性もありますので、出血があったら気を付けて観察し何かおかしいと思ったら診察を受けるようにしましょう。

初産ですとおしるしから陣痛までは1週間以内が多いようです。経産婦ではそれよりも短くなる傾向があります。

もちろん、おしるしがない人もいます。私が読んだプレママ雑誌によると、おしるしがある人は約3人に1人だとか。

また、おしるしは内診の刺激による出血と見分けるのが難しいのです。

私は38週2日の妊婦健診で内診があり、帰宅したあと薄い赤色の少量出血がありました。
おしるしか?!と思いましたが結局陣痛は来ず…これはきっと内診出血だったのですね。

そして39週2日の内診のあと、茶色い褐色の少量出血。夜にはおさまり、39週3日に再度、薄い茶色のネバネバした少量出血
その3日後(39週6日)に陣痛がありましたので、思えばこれがおしるしだったようです。

破水

破水とは、胎児を子宮内でつつんでいる卵膜がやぶれて、卵膜内の羊水が子宮口から流れ出てくることです。

陣痛で子宮口が開いていく過程で破水をすることが多いのですが、中には陣痛よりも破水が先という妊婦さんもいます。

尿漏れとの違いについては、においをかいでみる(尿のにおいか?)、自分で止められるかチェックする(破水は自分の意志ではとめられない)など冷静になって判断しましょう。

破水していたら感染予防のためシャワーをあびずに、出産予定の病院に電話をして指示を仰ぎましょう。

破水なのか尿漏れなのか自分ではわからない!というときも病院に電話してみると良いですね。

私は陣痛のさなかに破水しましたが、明らかに今破水した!とわかったので「破水しましたー!!」と助産師さんにお知らせしました😅

お腹の位置が下がってくる

出産が近くなると赤ちゃんは子宮口に近づいて準備をするため、ママのお腹の位置がはたから見ても下がってくると言われています。

私は37週あたりからなんとなく下がったような…という感じでした。

夫いわく明らかに下がっていたそうですので、自分で見るよりも他人に見てもらったほうがよくわかるのかもしれません。

腰痛・股関節痛

赤ちゃんの頭が骨盤内に固定されることやホルモンによって骨盤がゆるむことにより、腰や股関節に痛みを感じることがあります。
私は妊娠後期はずっと腰痛がありましたが、36週ごろひどい股関節痛になり数日間歩けなくなりました。
その後しばらくは問題なかったのですが、39週になると股関節というよりお股そのもの?に痛みを感じていました。

空腹感・下痢・おなら

出産が近くなると赤ちゃんの位置が下がって胃の圧迫感がなくなり、お腹がすいて食欲がアップする妊婦さんもいます。

同様に腸が圧迫されることで下痢便秘になったりオナラが出やすくなったりする方もいるそうです。

私の場合はどちらもありませんでした。
背が高いのでお腹のスペースに余裕があったのかもしれません(笑)

トイレが近くなる

妊婦さんは基本的に頻尿という方も多いのですが、赤ちゃんの位置が下がるとより膀胱が圧迫されて更に頻尿になる傾向があります。

私も妊娠後期は常に頻尿でしたが、産む1週間ほど前(39週)からは赤ちゃんの位置がちょうど膀胱のあたりにきたのか、超・超・超頻尿でしょっちゅうトイレに行っていました。

おりものが増える

赤ちゃんが産道を通るときにスムーズに出てこられるよう、おりものの量が増えたり質が変化したりすることがあります。

私の場合は特に変化はありませんでした。

頭痛・吐き気・眠気

ホルモンの関係でしょうか。出産が近くなると頭痛吐き気眠気を訴える妊婦さんがいます。

私は38週から頭痛と吐き気がたまにありました。
眠気については38週からひどくなり、39週では常に異常な眠気があって寝てばかりでした。

今思えば、産後は寝不足に悩まされましたのでたくさん寝ておいて正解でした。
赤ちゃんからの「今のうちにたくさん寝ておいてね」というサインだったのかも?

子宮口が開く

出産が近くなると赤ちゃんが骨盤内に頭を固定し、子宮口がだんだん開いていきます。
臨月の妊婦健診で子宮口の開き具合を医師にチェックしてもらうことが多いかと思います。

私の場合は37週で子宮口は全く開いておらず、医師に「たくさん歩いてね」と言われていました。

そこで毎日3~5kmのウォーキングをして38週2日子宮口2~3cmとなり、助産師さんに「一週間以内に出産できそうだね!」と言われていました。

…が、結局陣痛は来ないまま39週2日の妊婦健診を迎え、子宮口3センチ
あんまり変わってない!!

しかし内診した医師は「たぶん一週間以内に生まれると思います」とのこと。そしてその言葉通り、39週6日での陣痛そして予定日の出産となったのでした。

以上、出産前の兆候として噂されている様々な症状について実体験を交えて書いてみました。

お産が近くなると、周囲から「産まれた?」「まだなの?」「いつなの?」などと言われている妊婦さんもいらっしゃるかと思います。
周りは心配や期待をこめて言っているだけかもしれませんが、妊婦さんとしてはプレッシャーを感じることもありますよね。

私も「いつなのか一番知りたいのは私だよ!!」と思っていました(笑)

そして陣痛がきたときは、やっときたーーーーーーーーーー!!と大興奮。
結果、なかなか子宮口が開かず大変でした…。

くるときはくる!とのんびり構えて、残り少ないマタニティライフをリラックスして楽しんでください😊

タイトルとURLをコピーしました